目的:

このプロジェクトでは、GPIO ポート 20 (Pin 38)からの水銀チルトセンサー信号を認識して、LEDを制御します。Pin38はハイ電位信号(True)が獲得したら、LED点灯します。 そうしないとLED消灯します。 スクリーンで入力信号(1または0)を確認できます。

GPIOの知識は Raspberry Pi_GPIOピンの概要でご参照下さい。

パーツ:

1 pc Raspberry Pi  2/3/zero raspi
1 pc 8GB メモリーカードRaspbian OSを装着済み 8gtf
1 pc LED Red_LED
1 pc 水銀チルトセンサー mercury_tilt
1 pc 200 Ω 抵抗 200_resistor
1 pc ブレッドボード BREADBOARD
1 pc 40ピンT型GPIO拡張ボードx1 40ピンリボンケーブルx1 breakout

Prerequisite:

1)RPI.GPIO モジュールを使用のため、最新版のRaspbianをアップグレードしてくださいませ。 ラズベリー・パイでインタネットを接続して、Terminalで下記のコマンドを入力してくださいませ:

2)I2CとSPIプロトコルを有効にする

Terminalで下記のコマンドを入力してくださいませ。

;  

Advance Optionsに入って、I2C and SPIを有効にしてくださいませ。

設定完了したら、REBOOTしてくださいませ。

下記の回路図のように、回路を組み立て下さい。(画像をクリックして拡大イメージを表示):

gpio-tilt-sensor

Raspberry GPIO pinは3Vの入力電圧しか対応できません。入力は3V以上の場合、Piボードに損害された恐れも御座いますので、十分ご注意下さい。

pythonコードを書く

pythonコードを書く方法:

方法1)

Terminalで下記のコマンドを入力してくださいませ。

   

copy python code をgpiosensor.pyにコーピーしてくださいませ。

方法 2)http://osoyoo.com/wp-admin/post.php?post=804&action=edit#

codeを書きたくない場合、Terminalで下記のコマンドを入力してくださいませ:

最後、Terminalで下記のコマンドを入力してくださいませ

チルトセンサーが傾くすると、LEDは点灯します。 水平に帰るとLED消灯します。

動画をご覧ください~