概要

本文では、ラズパイ3、電圧検出センサーとMCP3008 A/Dコンバータを使って、電圧計を制作して、電圧値をターミナルにプリントします。

DSC_5505

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
 3 電圧検出センサー x1
MCP3008
MCP3008 A/Dコンバータ x1
LACC2006AD-12
 ブレッドボード x1
LACC2006AD-31
 ジャンプワイヤー(オス~オス)x若干
19
 ジャンプワイヤー(オス~メス)x若干

ハードウェア

このモジュールは抵抗分圧の原理に基づいて、デザインしました。輸入したの電圧値を5倍に下げて、輸出しできます。ラズパイGPIOの工作電圧は普段3.3Vのため、電圧検知モジュールへの輸入電圧はできるだけ、16.5V(3.3Vx5倍)以下にして下さい。出力インタフェース:”+”は3.3vに接続し、”-“は GNDに接続し、”s”はMCP3008 A/DコンバータのAD入力PINに接続します。
DC入力インタフェース:正極とVCC、負極とGND、下記の画像をご参照:
3

ラズパイはデジタル信号しか処理しできませんので、今回は電圧検知センサーからの電圧信号(アナログ信号)を処理するため、A/Dコンバータも必要です。本プロジェクトではMCP3008と言う、よく利用されるA/Dコンバータを使用します。

voltage_bb

ソフトウエア

下記の操作は、ラズパイとスクリーンを接続しても、SSHを通じでラズパイと接続しても、操作できます。

1)プログラム

nanoエディタを使用して、下記のコマンドを作動して、/home/piにvoltage.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano voltage.py

ファイルにコードをコーピーして、キーボードの CtrlとXボーダーを押して、Yを入力して、ファイルを保存します。

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのvoltage.pyを直接にダウンロードできます。

sudo wget http://osoyoo.com/driver/voltage.py

2)下記のコマンドを作動して、pythonプログラムを作動する

sudo python ./voltage.py

3)結果

電圧検出センサーのDC入力端子と16.5V以下の電源アダプターを接続したら、検測したの電圧値がターミナルに表示します。例えば、電圧検出センサーのDC入力端子と3.3V電源アダプターを接続の場合、ターミナルに3.29Vぐらいの数値を表示します。A/Dコンバータで転換したの信号のため、少し誤差があるはずです。

2017-04-05-032458_1824x984_scrot

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx