公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk
1 目的

このレッスンでは、Cayenne IOTプラットフォームでHC-SR04超音波センサーを使用して、距離を測定する方法を学習します。

2 ハードウェア準備

デバイス 数量
Arduino UNOボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
HC-SR04 超音波センサー 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード(非必要) 1

3 ハードウェア配線

下記の画像をご参照して、HC-SR04とUNOボードを接続して下さい。Lanケーブルを使って、インタネットと接続してください。

4 Cayenneページでデバイスを追加する

Cayenne プラットフォームにログインしたら、Add newをクリックして、>Device/Widgetを選択してください。

「Sensors」をクリックして、「Generic」を選択してください。

「Digital Input」を選択して、下記の写真のようにdatasheetを編集して下さい:

ご注意:もし、 CHANNEL 18が他のデバイスが占有されたら、他のCHANNEL を選択してください、また、選択したのCHANNEL番号を必ずsketchコードにあるVIRTUAL_CHANNEL後の番号を切り替えして下さい。

直接に[Step 2:Add Sensor]ボダンをクリックして、widgetが作成します。

次のリンクでサンプルコードをダウンロードしてください:サンプルコードはこちら!

コードをIDEにコーピーして、下記の内容を必ず自分の物を切り替えしてくださいませ。

MQTTのusername、passwordとclientIDはcayenneサイトにログインして、Arduino UNOのConfigureページで確認できます。

先ほどのWidgetでChannel 18を指定しましたので、コードでのVIRTUAL_CHANNEL番号も18に切り替えしてくださいませ。

配線図にechoPin、trigPinとArduinoボードの7、8pinを接続していますので、コードでのechoPinとtrigPinも7と8を指定してくださいませ。

Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO ボードにアップロードします。少し時間を掛かって、Cayenneダッシュボードで、データが表示します:

スマホやWEBブラウザでCayenne IoTプラットフォームをログインしたら、距離測定の結果が確認できます。