紹介

フォトレジストセンサモジュールは、光を検出する用のセンサです。 小さく、安価で、低電力で使いやすい特性でおもちゃ、ガジェット、家電製品に多く見えます。

特徴

Arduinoボードと一緒に作動する

配線図

必要なcode

コードをArduino IDEにコピーして、arduinoの正しいポートとボードを選択し、保存してArduinoボードにアップロードします。

int photocellPin = A0;    // select the input pin for the photoresistor
int val = 0;       // variable to store the value coming from the sensor 

void setup() { 
  Serial.begin(9600);//Set the baudrate to 9600,make sure it's same as your software settings
 // pinMode(ledPin, OUTPUT);  // declare the ledPin as an OUTPUT  
   pinMode(photocellPin, INPUT);  // declare the ledPin as an OUTPUT  
} 

void loop() { 
  val = analogRead(photocellPin);   // read the value from the sensor  
  Serial.println(val);   //The serial will print the light value
} 

実行結果

このスケッチを編集した後、IDEの「Upload」ボタンをクリックするだけです。 数秒後、ボードのRXとTXのLEDが点滅を見えます。 アップロードが成功すると、IDEに「Done uploading」というメッセージが表示されます。

同時に、環境の明るさを変更し、IDEのSerial Monitorを開くと、次のような出力データが得られます。