Previous                                   Tutorial

内容

認定オンライン小売業者

Buy from US Buy from UK Buy from DE Buy from IT Buy from FR Buy from ES

目的

OSOYOO 2WDロボットカー スターターキット、レッスンへようこそ!

このレッスンでは、Bluetoothの機能を使って、スマホなどのモバイルAPPで車を制御する方法を紹介します。

top

部品とデバイス

デバイス

画像
数量

付属品

OSOYOO UNO R3 (Arduino UNO R3と完全互換性があります)

1 M3×6プラスチックネジ x 3

M3ププラスチックナット x 4

M3×5 + 6プラスチックスペーサー x 4

OSOYOO Model-Xモータードライバーモジュール
1 M3×6プラスチックネジ x 4

M3プラスチックナット x 4

M3×5 + 6プラスチックスペーサー x 4

Arduino UNO用センサーシールドV5.0
1
トラッキングセンサーモジュール
2
M3×5ネジ x4

M3×10ダブルパス銅製スペーサー x2

Bluetoothモジュール
1
シャシー
1
配線付きモーター
2
ホイール
2

補助輪(前輪)

1 M3×10ダブルパス銅製スペーサー x 4

M3×5ネジ x 8

18650バッテリーボックス
(電池は含まれていません、電池の高さ≦67 mm)
1 M3×10ネジ×4

M3×10ナット×4

金属製モーターホルダー
2
DC電源コネクタ
1
プラスドライバ
1
スロット型ドライバー
1
40ピン10cmメス – メスケーブル 1
10ピン30cmメス – メスケーブル 1
結束バンド 20

top

top

ソフトウェアのインストール方法:

ステップ 1: 最新のArduino IDEをインストールする

(1.1.16以降のArduino IDEバージョンをお持ちの場合は、このステップを飛ばしてください)。https://www.arduino.cc/en/Main/Software?setlang=jaからArduino IDEをダウンロードして、ソフトウェアをインストールします。

ステップ 2: lesson-4.zip をダウンロードして解凍すると、lesson-4というフォルダが表示されます。

ステップ 3: USBケーブルでUNO R3ボードをPCに接続し、Arduino IDEを開き、各環境に対応するボード/ポートを選択し、スケッチをボードにアップロードします。

ステップ 4: Arduino IDE:ファイルをクリック – >開くをクリック – > lesson-4フォルダーにあるコード「lesson-4.ino」を選択し、コードをarduinoにロードしてください。

top

ロボットカーの組立て

Step 1) Install the 2WD Robot Car Chassis

レッスン1レッスン3に従って、スマートカーを組立てます。すでに組立てている場合は、完成している車に基本にセンサー類を追加するので、これまで組立てたパーツを外す必要はありません。

Step 2) BLUETOOTHモジュールをインストールします

以下の手順で、BluetoothモジュールをArduino UNO用センサーシールドV5.0に取り付けます:

Bluetoothモジュール Arduino UNO用センサーシールドV5.0
RXD TX
TXD RX
GND
VCC +

top

 APPダウンロード

Step 1) アンドロイド用APPのダウンロード

グーグルプレイストアで「OSOYOO BLUETOOTH ARDUINO ROBOT CAR」で検索してください。

注意:Android APPソースコード http://osoyoo.com/driver/BTcar-master.zip

Step 2) IOS用APPのダウンロード

アップルストアで「OSOYOO BLUETOOTH ARDUINO ROBOT CAR」で検索してください。

このリンクも併せてご参照ください: http://osoyoo.com/2018/08/17/how-to-use-ios-phone-control-the-robort-car/

top

コードの説明:

次のコードは、APPによって送信された命令を受信して、その情報をAPPに送り返すために使用されます。

void do_Uart_Tick()
{

  char Uart_Date=0;
  if(Serial.available()) 
  {
    size_t len = Serial.available();
    uint8_t sbuf[len + 1];
    sbuf[len] = 0x00;
    Serial.readBytes(sbuf, len);
    //parseUartPackage((char*)sbuf);
    memcpy(buffUART + buffUARTIndex, sbuf, len);//シリアルポートがデータの全フレームを読めるようにする
    buffUARTIndex += len;
    preUARTTick = millis();
    if(buffUARTIndex >= MAX_PACKETSIZE - 1) 
    {
      buffUARTIndex = MAX_PACKETSIZE - 2;
      preUARTTick = preUARTTick - 200;
    }
  }
  if(buffUARTIndex > 0 && (millis() - preUARTTick >= 100))//APPは、障害物回避パラメータを変更するためのフラグを送信する
  { //データの準備が完了
    buffUART[buffUARTIndex] = 0x00;
    Uart_Date=buffUART[0];
    buffUARTIndex = 0;
  }
  switch (Uart_Date)    //シリアル制御による命令文
  {
    case '2':
            Drive_Status=MANUAL_DRIVE; Drive_Num=GO_ADVANCE;Serial.println("forward"); break;
    case '4':
            Drive_Status=MANUAL_DRIVE; Drive_Num=GO_LEFT; Serial.println("turn left");break;
    case '6':
            Drive_Status=MANUAL_DRIVE; Drive_Num=GO_RIGHT; Serial.println("turn right");break;
    case '8':
            Drive_Status=MANUAL_DRIVE; Drive_Num=GO_BACK; Serial.println("go back");break;
    case '5':
            Drive_Status=MANUAL_DRIVE; Drive_Num=STOP_STOP;Serial.println("stop");break;
    case '1':
          Drive_Status=AUTO_DRIVE_LF; Serial.println("line follow...");break;
    default:break;
  }
}

top

テスト

ステップ 1) バッテリーボックスのスイッチを入れます

フル充電した2個の18650バッテリーをバッテリーボックスに入れます (ボックスの指示を確認し、極性の方向が正しいことを確認してください)。 バッテリーボックスの電源スイッチをオンにします。

ステップ 2) 携帯電(スマートフォンなど)のbluetoothをオンにする

上記の指示にしたがインストールしたAPPを使うために、携帯電話のbluetoothをオンにしてbluetoothを接続します。(ブルートゥースモジュールにより接続先の名称が異なる可能性がございます)。接続をクリックしてパスワード“ 1234”または“ 0000”を入力してください。

ステップ 3) アプリを開きます>>ブルートゥースモードを選択して接続します:

制御モード

手動制御とライン追跡:2つの制御モードがあるので、自由に切り替えて操作することができます。

1) 手動制御モード

手動制御モードでは、ボタン(∧)(∨)(<)(>)をクリックして、ロボットカーを前後左右に制御することができます。またAPPの画面上にはリアルタイムで操作の指示が表示されます。

2) トラッキングモード

アプリの「トラッキング」ボタンをクリックすることで、レッスン3と同じライン走行を開始します。またAPPの画面にはリアルタイムで動きを見ることができます。「||」ボタンを押して移動を停止し、他のボタンをクリックすることでモードを変更します。このモードの詳細については、レッスン3をご参照ください。

ボタンの残りの部分は予備のボタンです。お客様自身でロボットカーやプログラムをカスタマイズすることで、その走行を作動させるためのボタンとして活用できます。

top

                         Previous                                   Tutorial