マイクロビットのプログラムを実行するための基本的な作動方法である電源について説明していきます。

給電方法を学ぶ:

JSTコネクタの説明:

BBCマイクロビットに電力を供給するにはオンボードにJSTコネクタを接続するのが最も一般的です。JSTコネクター付きのAAA x 2バッテリーホルダーを使用する場合、付属のアクリルプロテクターケースの中央にM3取り付け穴が開いているので、マイクロビットブレークアウトボードへ接続しながら使えるので便利です。

マイクロUSB接続:

パソコンからデータをアップロードすることが多いので、マイクロUSBコネクタを接続して利用する方法が一般的で便利です。

GPIOピン接続:

ボードのエッジコネクタに3Vと0VのGPIOピンの位置があるので、そこにワニ口クリップで挟むことで簡単に給電することが可能です。 Powering your BBC micro:bit _pins_870

直接接続する方法:

BBCマイクロビットの裏側には、直接接続で電力を供給できる2つのパッドがあります。下の図が示すように、3Vピンの位置はエッジコネクタに最も近いピンです。 Powering your BBC micro:bit _connections_870 Powering your BBC micro:bit _connections_back_870

BBCマイクロビット用のOSOYOOブレイクアウトボード:

BBCマイクロビット用のブレークアウトボードは、シンプルで軽量な作りになっております。もちろんブレッドボードにつなげて実験するのに場所もとらないので便利ですが、BBCマイクロビットの電力供給のためのオプションとしても最適です。