ブログアーカイブ

Hand-On Tutorial for Raspberry Pi DIY project

RaspberryPiで光センサーを作動する

目的 このプロジェクトでは、RaspberryPiと光センサーを接続して、センサーから電圧値を獲得して、電圧値によって、周囲環境の光強度値を判明します。RaspberryPiはアナログ信号(電圧信号)を直接に認識されないため、A/Dコンバータが必要です。 この文章ではMCP3008、MCP3208、MCP3408コンバータを使用します。 必要なパーツ 設備 数量 Raspberry pi2/3ボード 1 8GBまたは8GB以上MicroSDカード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 1 A/Dコンバータ 1 光センサー 1 10K 抵抗 1 ブレッドボード 1 ジャンパーワイヤ 若干 配線図(MCP3208やMCP3008を使用) MCP3208とMCP3008のPINはすべて同じですので、直接に交換できます。詳しくはPDFファイルをご参照: MCP3008 datasheet:http://osoyoo.com/driver/MCP3008_datasheet.pdf MCP3208 datasheet:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/10/MCP3208_datasheet.pdf 配線図(MCP3204使用) ソフトウエアのインストール 勿論Piとインタネットを接続して下さい。 1.「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、gitツールのインストールして下さい。 sudo apt-get install git-core もしエラが発生したら、「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、ソフトパッケージリストを更新して下さい: sudo apt-get update

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Piで赤外線レシーバーを作動する

目的 このプロジェクトでは、Raspberry Piで赤外線レシーバーを接続して、赤外線リモコンからの信号を獲得して、復号します。 必要なパーツ: 1 Raspberry Pi 2/3/zeroボード 1 8GB(または8GB以上) MicroSD カード(Raspbian OS装着済み) 1 VS1838B赤外線レシーバー 1 赤外線リモコン 1 ブレッドボード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 若干 ジャンプワイヤー 配線図 lIRCのインストール LIRC (Linux Infrared remote control)はlinuxシステムでのオープンソース・ソフトウェア・パッケージとして、Linuxシステムで赤外線信号を送受信できます。 「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、lIRCをインストールします: sudo apt-get install lirc プロフィールを修正する 1)「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、/etc/lirc/hardware.confファイルを次のように修正して下さい: sudo nano /etc/lirc/hardware.conf

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードとI2C LCDを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを表示する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトではNodeMCUボードを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを購読して、1602 I2C LCDにメッセージを表示します。 MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ 必要なパーツ 数量 NodeMCU ボード 1 I2C LCD 1 ジャンプワイヤー 若干 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール: MQTT brokerと通信のため、ArduinoIDEにMQTT

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, Raspberry Pi プロジェクト

Raspberry Piボードを使って、 LCDで温湿度データを表示する

目的: 16x2 LCDとラズベリー・パイを使って、DHT11センサーを接続して、環境温度と湿度を検出し、LCDに表示するのプロジェクトです。 GPIOの知識は Raspberry Pi_GPIOピンの概要でご参照下さい。 必要なパーツ: 1 pc Raspberry Pi 2/3/zeroボード x 1 1 pc 8GB メモリーカードRaspbian OSを装着済み 1 pc DHT11温湿度センサーモジュールx 1 1 pc  I2C 1602 LCD スクリーンx 1 1 pc ブレッドボードx 1 1 pc  40ピンT型GPIO拡張ボードx1 40ピンリボンケーブルx1 ソフトウェア/ハードウェアのインストールと装着 Step 1)RPI.GPIOモジュールを対応するため、Raspbianを最新版に更新して下さい。

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Pi 3.5" タッチスクリーン(HDMI版)インストール ガイド

QQ20161122095746

Step 1:Raspberry Piボードとタッチスクリーンを組み立て下さい。 Step 2: 次のリンクでLCDのドライブをダウンロードして下さい。 Driver ダウンロードリンク1 Driver ダウンロードリンク2 Step 3: WinRARというソフトウエアを使って、ダウンロードしたのRARファイルを解凍して、下さい。 ※WinRAR解凍ツールは次のリンクでダウンロード : WinRAR official website Step 4:  MicroSD メモリーカード(TF カード・8G以上) をカードリーダーに差し込んで、 パソコンと接続して下さい。 SDFormatterというソフトウエアを使って、SDカードをフォーマットして下さい。SDFormatterのダウンロードリンク: https://www.sdcard.org/downloads/formatter_4/. Step 5:  Win32DiskImagerツールをダウンロードして、パソコン(OS:windows) Win32DiskImagerのダウンロードリンク Step 6:  Win32DiskImager を使って、解凍したのimage file(IMGファイル)をMicroSD メモリーカードに書き込みして下さい。 Step 7: 書き込み完了したら、ソフトウエアの「Exit」ボダンをクリックして、MicroSDカードをカードリーダーに取り出して、 raspberry piボードに差し込んで下さい。 PIの電源を入れて、OSが起動します。 Step 8:

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Rapsberry Pi を使って、U-BLOX NEO-6M GPS モジュールを作動する

792px-GPSEZ5

目的: このプロジェクトでは、Raspberry Pi2ボードを使って、U-BLOX NEO-6M GPS モジュールを作動して、緯度、経度、高度、速度などの情報を確認します。U-BLOX NEO-6M GPS モジュールはPi3ボードに作動できませんので、ご注意下さい。U-BLOX NEO-6M GPSモジュールの情報は次のリンクでの文章をご参照~ http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/use-mega2560-to-drive-gps// 配線図 Raspberry Piボード GPS モジュール 3.3V VCC GND GND GPIO15 (RXD) TXD GPIO14 (TXD) RXD Raspberry Pi GPIOmap   Raspberry Pi terminal windowに下記のコマンドを作動して、「minicom」をインストールします: sudo apt-get -y install minicom 2) ブートメッセージをブロックする GPSモジュールはシリアルCOMポート使用のため、Raspberry

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

RaspberryPiとA/Dコンバータを使って、MP3音楽プレイヤーを作成する

DSC_6793

可変抵抗器はMP3プレイヤーの音量調整つまみとして、このプロジェクトにも必要です。RaspberryPiは可変抵抗器のアナログ電気信号が認識できないため、A/Dコンバータを使って、可変抵抗器のアナログ電気信号をデジタル電気信号に変換して、RaspberryPiに送信します。 A/D converter pin グラフ: MCP3008のデータシート:http://osoyoo.com/driver/MCP3008_datasheet.pdf MCP3208のデータシート:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/10/MCP3208_datasheet.pdf A/DコンバータとRaspberryPiGPIO接続表(MCP3208やMCP3008を使用の場合): A/Dコンバータ VDD -> 3.3V A/Dコンバータ VREF -> 3.3V A/Dコンバータ AGND -> GND A/Dコンバータ CLK -> #18 A/Dコンバータ DOUT -> #23 A/Dコンバータ DIN -> #24 A/Dコンバータ CS -> #25 A/Dコンバータ DGND -> GND A/Dコンバータ

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

Raspberry Piを使って、BMP180大気圧センサーを作動する

hgreagadfgvb

目的: このプロジェクトでは、Raspberry PiとBMP180大気圧センサーを使って、環境温度、気圧を獲得して、標高を計算して、モニターに結果を表示します。 必要なパーツ 1 x raspberry Pi3ボード 1 x GPIO to Breadboard 40-pin ブレークアウト・インターフェース 1 x BMP180センサー USB マウスとキーボード 1 x HDMI ケーブルとモニター(HDMI TV) ブレッドボードとジャンプワイヤー 回線図(画像をクリックして拡大イメージを表示) ソフトウエアのインストール 1)Raspberry Piで下記のコマンドを作動して、BMP Python Libraryをダウンロードする wget  http://osoyoo.com/driver/Adafruit_Python_BMP.zip unzip Adafruit_Python_BMP.zip 2)Raspberry Piで下記のコマンドを作動して、BMP Python Libraryをインストールする cd  

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

Raspberry Piを使って、リレーを作動する

fdhhtgh

目的: リレーは信号制御スイッチと言われます。このプロジェクトでは、Raspberry Piを使って、リレーを作動して、LEDの点灯消灯を制御します。コードを作動したら、LEDは1秒1回に点灯消灯します。 必要なパーツ 1 x Raspberry Pi3ボード 1 x raspberry Pi T style 拡張インターフェース 1 x  リレー 1 x LED USB マウスとキーボード 1 x HDMI ケーブルとモニター(TV) 1 x 1k ohm 抵抗 1 x ブレッドボード ジャンプワイヤ 回線図(画像をクリックして拡大イメージを表示): ソフトウエアのインストール 1)Raspberry PiのTerminalで下記のコマンドを作動して、

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

Raspberry Piを使って、ブザーを作動する

gregraeh

目的: このプロジェクトでは、Raspberry Piを使って、ブザーを作動して、警告音を発生します。 必要なパーツ 1 x raspberry Pi3ボード 1 x raspberry Pi T-style 拡張インターフェース 1 x ブザー 1 x PNP トランジスタ マウスとキーボード HDMI ケーブルとHDMI モニター(TV) 1 xブレッドボード 回線図(画像をクリックして拡大イメージを表示) PNP トランジスタ Pin説明 ソフトウエアのインストール 1)Raspberry PiのTerminalで下記のコマンドを作動して、 git coreをインストールする sudo apt-get install git-core sudo apt-get update

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

Meta