ブログアーカイブ

Hand-On Tutorial for Raspberry Pi DIY project

Raspberry Pi Sound Light Switch

Overview This tutorial introduce how to design a sound and light switch with raspberry pi. The sound and light switch turns on and off via Sound decibel and light value. When the light value is under the setting value in

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, 测试

Raspberry Pi Body Motion Security system

Overview This project introduces how to design a body motion detective security system with raspberry pi. The Experimental principle of this project is that, when the detection of the body motion, Raspberry Pi GPIO output get high level and buzzer

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, 测试

How to Set up Temperature and Humidity Sensor (DHT11) on Raspberry Pi

Overview  The DHT11 temperature and humidity sensor is a nice module that provides digital temperature and humidity readings. It’s really easy to set up. The module is actually a PCB that has a 4-pin DHT11 sensor soldered with a few

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト

ラズパイで自動街灯作成(フォトレジスタ使用)

概要 フォトレジスタ (photoresistor) とは、入射する光の強度が増加すると電気抵抗が低下する電子部品である。 光依存性抵抗 (light-dependent resistor, LDR) や 光導電体 (photoconductor) 、フォトセル(photocell)とも呼ばれる。 フォトレジスタは、高抵抗の半導体でできている。 充分に周波数の高い光が素子に入ると、半導体に吸収された光子のエネルギーにより束縛電子が伝導帯に飛び込む。 結果として生じる自由電子(と対になるホール)によって電流が流れ、電気抵抗が低くなる。 光電素子には、内因性・外因性のどちらもある。 内因性の素子では価電子帯にだけ存在する電子がバンドギャップを越えなければならず、その励起に相当する以上のエネルギーを持つ光子が必要になる。 外因性の素子には伝導帯に近い基底状態エネルギーを持つ不純物が加えられているので電子が遠くまで飛ばなくてもよく、エネルギーの低い(波長が長い、周波数が低い)光子でも充分に機能する。 半導体に真性半導体を用いるイントリンシック形と、n形やp形半導体を用いるエキシトリンシック形がある。 エキシトリンシック形は、エネルギーギャップよりも小さいエネルギーの光で電子を励起できるので、より長い波長領域に感度があるという特徴がある。フォトレジスタにはいろいろなタイプがある。 カメラの露出計、時計付きラジオ、セキュリティ警報器や街灯などの身近な製品では、安価な CdS セルが使われていた。 コンプレッサー等のエフェクターやアナログシンセサイザーにおいて、LEDと組み合わせてアナログフォトカプラとして使われている。 一方で、赤外線天文学や赤外分光法では、遠赤外線の検出に適している Ge:Cu 光導電体が使われている。このプロジェクトでは、 ラズベリー・パイとフォトレジスタ、リレーなどを接続して、街灯の自動制御する。周囲環境の光強度が弱い時、リレークロージャして、LED点灯する。周囲環境の光強度が強い時、リレーディスコネクトして、LED消灯する。 必要なパッツ フォトレジスタ x1 Pi3ボード x1 LED x1 リレー x1 10KΩ抵抗 x1 1KΩ抵抗

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, 测试

RaspberryPiで光センサーを作動する

目的 このプロジェクトでは、RaspberryPiと光センサーを接続して、センサーから電圧値を獲得して、電圧値によって、周囲環境の光強度値を判明します。RaspberryPiはアナログ信号(電圧信号)を直接に認識されないため、A/Dコンバータが必要です。 この文章ではMCP3008、MCP3208、MCP3408コンバータを使用します。 必要なパーツ 設備 数量 Raspberry pi2/3ボード 1 8GBまたは8GB以上MicroSDカード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 1 A/Dコンバータ 1 光センサー 1 10K 抵抗 1 ブレッドボード 1 ジャンパーワイヤ 若干 配線図(MCP3208やMCP3008を使用) MCP3208とMCP3008のPINはすべて同じですので、直接に交換できます。詳しくはPDFファイルをご参照: MCP3008 datasheet:http://osoyoo.com/driver/MCP3008_datasheet.pdf MCP3208 datasheet:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/10/MCP3208_datasheet.pdf 配線図(MCP3204使用) ソフトウエアのインストール 勿論Piとインタネットを接続して下さい。 1.「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、gitツールのインストールして下さい。 sudo apt-get install git-core もしエラが発生したら、「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、ソフトパッケージリストを更新して下さい: sudo apt-get update

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Piで赤外線レシーバーを作動する

目的 このプロジェクトでは、Raspberry Piで赤外線レシーバーを接続して、赤外線リモコンからの信号を獲得して、復号します。 必要なパーツ: 1 Raspberry Pi 2/3/zeroボード 1 8GB(または8GB以上) MicroSD カード(Raspbian OS装着済み) 1 VS1838B赤外線レシーバー 1 赤外線リモコン 1 ブレッドボード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 若干 ジャンプワイヤー 配線図 lIRCのインストール LIRC (Linux Infrared remote control)はlinuxシステムでのオープンソース・ソフトウェア・パッケージとして、Linuxシステムで赤外線信号を送受信できます。 「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、lIRCをインストールします: sudo apt-get install lirc プロフィールを修正する 1)「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、/etc/lirc/hardware.confファイルを次のように修正して下さい: sudo nano /etc/lirc/hardware.conf

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードとI2C LCDを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを表示する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトではNodeMCUボードを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを購読して、1602 I2C LCDにメッセージを表示します。 MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ 必要なパーツ 数量 NodeMCU ボード 1 I2C LCD 1 ジャンプワイヤー 若干 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール: MQTT brokerと通信のため、ArduinoIDEにMQTT

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, Raspberry Pi プロジェクト

Raspberry Piボードを使って、 LCDで温湿度データを表示する

目的: 16x2 LCDとラズベリー・パイを使って、DHT11センサーを接続して、環境温度と湿度を検出し、LCDに表示するのプロジェクトです。 GPIOの知識は Raspberry Pi_GPIOピンの概要でご参照下さい。 必要なパーツ: 1 pc Raspberry Pi 2/3/zeroボード x 1 1 pc 8GB メモリーカードRaspbian OSを装着済み 1 pc DHT11温湿度センサーモジュールx 1 1 pc  I2C 1602 LCD スクリーンx 1 1 pc ブレッドボードx 1 1 pc  40ピンT型GPIO拡張ボードx1 40ピンリボンケーブルx1 ソフトウェア/ハードウェアのインストールと装着 Step 1)RPI.GPIOモジュールを対応するため、Raspbianを最新版に更新して下さい。

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Pi 3.5" タッチスクリーン(HDMI版)インストール ガイド

公式ストア: 本文紹介された3.5”HDMIタッチスクリーン: 普通の3.5”タッチスクリーンもお勧めます: 本文は、弊社がパッケージ済み(OSとドライブ)のIMGの焼き込み方法をご紹介します。 お客様がPIにLinux OSを装着済みの場合、独立の3.5” タッチスクリーン(HDMI版)のドライブ(90MBぐらい)をインストールの場合は次のリンクでの文章をご参照くださいませ: http://osoyoo.com/ja/2017/01/18/install-3-5-hdmi-touch-screen-linux-driver-on-raspberry-pi/ Step 1:Raspberry Piボードとタッチスクリーンを組み立て下さい。 Step 2: 次のリンクでLCDのドライブimage(OSとドライブパッケージ済み)をダウンロードして下さい。 Driver ダウンロードリンク OSはRaspbian、Ubuntu、Kali3つありますので、ご自由に選択してくださいませ。 Step 3: WinRARというソフトウエアを使って、ダウンロードしたのRARファイルを解凍して下さい。 ※WinRAR解凍ツールは次のリンクでダウンロード : WinRAR official website Step 4:  MicroSD メモリーカード(TF カード・8G以上) をカードリーダーに差し込んで、 パソコンと接続して下さい。 SDFormatterというソフトウエアを使って、SDカードをフォーマットして下さい。SDFormatterのダウンロードリンク: https://www.sdcard.org/downloads/formatter_4/. Step 5:  Win32DiskImagerツールをダウンロードして、パソコン(OS:windows) Win32DiskImagerのダウンロードリンク Step 6:  Win32DiskImager を使って、解凍したのimage file(IMGファイル)をMicroSD メモリーカードに書き込みして下さい。 Step 7:

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Rapsberry Pi を使って、U-BLOX NEO-6M GPS モジュールを作動する

目的: このプロジェクトでは、Raspberry Pi2ボードを使って、U-BLOX NEO-6M GPS モジュールを作動して、緯度、経度、高度、速度などの情報を確認します。U-BLOX NEO-6M GPS モジュールはPi3ボードに作動できませんので、ご注意下さい。U-BLOX NEO-6M GPSモジュールの情報は次のリンクでの文章をご参照~ http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/use-mega2560-to-drive-gps// 配線図 Raspberry Piボード GPS モジュール 3.3V VCC GND GND GPIO15 (RXD) TXD GPIO14 (TXD) RXD Raspberry Pi GPIOmap   Raspberry Pi terminal windowに下記のコマンドを作動して、「minicom」をインストールします: sudo apt-get -y install minicom 2) ブートメッセージをブロックする GPSモジュールはシリアルCOMポート使用のため、Raspberry

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト