ブログアーカイブ

Arduino,Raspberry PI and accessories Tutorial and eBooks

Install 3.5" HDMI Touch Screen Linux Driver on Raspberry Pi

Authorized Online Retailers: You could install OSOYOO customized image for raspberry pi 3.5" touch screen, please visit the detailed tutorial link: http://osoyoo.com/2016/11/20/raspberry-pi-3-5inch-hdmi-touchscreen/ You could also install the driver for 3.5" HDMI touch screen based on the existing system, it support

カテゴリー: ガイド/電子ブック

IOT example: use NodeMCU to connect two devices through internet

Objective: In this project, we will use NodeMCU boards to connect a light sensor(photoresistor) and a remote LED. When a local photoresistor detects light, NodeMCU will send signal to a remote NodeMCU through MQTT IOT protocol and turn a LED.

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

MKS SBase 3D printer control board user guide

sbasev1.31(2)

1 Overview MKS SBase advantage over 2560 control board: SBase 2560 CPU Cortex M3 LPC1768 ATMEGA2560 CPUfrequency  100MHz  16MHz CPU bits 32 bits CPU  8 bits CPU firmware Smoothieware  Marlin Motor driver DRV8825  A4988 Support RJ45 network port Yes No Current adjustment by software

カテゴリー: ガイド/電子ブック

ramps1.4+ MKS TFT 2.8" タッチスクリーン・ユーザーガイド

QQ20161219144458

1.MKS TFT 2.8"タッチスクリーンソケットグラフ ramps1.4ボードの電力出力が不足のため、MKS TFT 2.8"タッチスクリーンとramps1.4ボードを接続使用の場合、MKS TFT 2.8"タッチスクリーンに給電のため、12V/1Aの電源アダプターが必要です。12V/1A電源を使用の場合、必ずボードでの"power select"をDC12Vのところに差し込んで下さい。 2.配線図 8ピンパラレルを使って、MKS TFT 2.8"スクリーンの"mainboard interface"インタフェースとramps1.4ボードのAUX-1インタフェースを接続して下さい。もし、電源入れてもスクリーン点灯しないの場合、8ピンパラレルを逆に差し込んで確認して下さい。 3.ファームウェアの焼き込み   1) 次のリンクでRARファイルをダウンロードして、解凍して下さい。 MKSTFT_Firmware_English_V1.1.5 2) 解凍したのファイル(フォルダ) mks_pic, mks_config と mkstft28.bin をUSBストレージやSDカードにコーピーして下さい。 3) USBストレージやSDカードをスクリーンに差し込んで、下記の画像のようにupdateメッセージが表示します。 4) update完了したら、正常に作動できます。プリンタボードと一緒に作動のため、ボーレートを選択して下さい。普段は250000となりますが、作動不良の場合、他の数値をテストして下さい。 5)ボーレートが設定完了したら、MKS-TFT2.8数値を使用することになります。もし、モーターを正しくない制御の場合、まず配線をご確認下さい。配線の問題ではなければ、スクリーンの給電(必ず12v/1A給電)をご確認下さい。最後にサーミスタ は正確に接続かどうかご確認下さい、サーミスタを正確に接続しないとモーターが運動しません。 更に知りたい?次のリンクのPDFファイルをご参照: MKS-TFT-Protocol MKS-TFT28 DataSheet

カテゴリー: ガイド/電子ブック

RaspberryPiで光センサーを作動する

目的 このプロジェクトでは、RaspberryPiと光センサーを接続して、センサーから電圧値を獲得して、電圧値によって、周囲環境の光強度値を判明します。RaspberryPiはアナログ信号(電圧信号)を直接に認識されないため、A/Dコンバータが必要です。 この文章ではMCP3008、MCP3208、MCP3408コンバータを使用します。 必要なパーツ 設備 数量 Raspberry pi2/3ボード 1 8GBまたは8GB以上MicroSDカード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 1 A/Dコンバータ 1 光センサー 1 10K 抵抗 1 ブレッドボード 1 ジャンパーワイヤ 若干 配線図(MCP3208やMCP3008を使用) MCP3208とMCP3008のPINはすべて同じですので、直接に交換できます。詳しくはPDFファイルをご参照: MCP3008 datasheet:http://osoyoo.com/driver/MCP3008_datasheet.pdf MCP3208 datasheet:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/10/MCP3208_datasheet.pdf 配線図(MCP3204使用) ソフトウエアのインストール 勿論Piとインタネットを接続して下さい。 1.「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、gitツールのインストールして下さい。 sudo apt-get install git-core もしエラが発生したら、「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、ソフトパッケージリストを更新して下さい: sudo apt-get update

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Piで赤外線レシーバーを作動する

目的 このプロジェクトでは、Raspberry Piで赤外線レシーバーを接続して、赤外線リモコンからの信号を獲得して、復号します。 必要なパーツ: 1 Raspberry Pi 2/3/zeroボード 1 8GB(または8GB以上) MicroSD カード(Raspbian OS装着済み) 1 VS1838B赤外線レシーバー 1 赤外線リモコン 1 ブレッドボード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 若干 ジャンプワイヤー 配線図 lIRCのインストール LIRC (Linux Infrared remote control)はlinuxシステムでのオープンソース・ソフトウェア・パッケージとして、Linuxシステムで赤外線信号を送受信できます。 「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、lIRCをインストールします: sudo apt-get install lirc プロフィールを修正する 1)「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、/etc/lirc/hardware.confファイルを次のように修正して下さい: sudo nano /etc/lirc/hardware.conf

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードを使って、タクトスイッチ信号を遠距MQTTクライアントに送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、タクトスイッチとNodeMCUボードを接続して、 タクトスイッチを押したら、"pressed" メッセージは遠隔のMQTT クライアントに送信します。タクトスイッチをはずしたら、 "not pressed"メッセージを遠隔のMQTT クライアントに送信します。NodeMCUボードは2秒1回にタクトスイッチの状態を更新します。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 タクトスイッチx 1 1K 抵抗x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール:

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードと傾斜センサーを使って、傾斜角データを遠距MQTTクライアントに送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、 NodeMCUボードと傾斜センサーを接続して、傾斜角データはNodeMCUボードのA0PINに発送して、 "OsoyooCommand"というtopicのメッセージとして、MQTT brokerに発表します。MQTT クライアントで"OsoyooCommand" というメッセージを購読して、リアルタイムの傾斜角データを獲得できます。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 傾斜センサー x 1 10K 抵抗 x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール:

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードと赤外線受信センサーを使って、 MQTT クライアントにデータを送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、NodeMCUボードと赤外線受信センサーを接続して、リモートコントロールにボダンを押して、受信機はIR コードを NodeMCUボードに送信します。NodeMCUボードはMQTT brokerサーバーにメッセージを発表します。 MQTT クライアントソフトウエアで同じtopicのメッセージを購読したら、brokerからメッセージを受信しできます。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 リモートコントロール x 1 赤外線受信センサー x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図   NodeMCUボード 赤外線センサー 3.3v VCC D2 OUT GND GND プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

MQTT IoT プロトコルを通じで、NodeMCUに接続済みのサーボモーターを制御する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、サーボモーターとNodeMCUボードを接続して、MQTT クライアント(スマホ app・ ブラウザ・ linux terminal プログラムなど) を使って、制御信号をNodeMCUに送信して、 サーボモーターを制御します。MQTTクライアントから「0~180」の数値を送信したら、を送信したら、サーボモーターは数値のように回転します。 「0~180」の数値ではないと、サーボモーターは応答と移動はしません。 必要なパーツ: NodeMCU ボードx 1 サーボモーターx 1 ブレッドボードx 1 5V電源アダプター x1 ジャンプワイヤー 配線図: ご注意:できるだけ、サーボモーターの給電は専門5V電源アダプターを使用して下さい(5V電源アダプターとNodeMCUボードのグランドは接続してくださいませ。) プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

Meta