ブログアーカイブ

Arduino,Raspberry PI and accessories Tutorial and eBooks

How to customize F208 PBX Auto Attendant voice message

When F208 PBX Auto Attendant mode is enabled(see user manual section 3.1), the PBX can automatically guide outside caller to dial different extensions. F208 PBX Auto Attendant working mode needs 6 voice files for 6 scenarios. These 6 scenarios are as following:

カテゴリー: ガイド/電子ブック

MKS Base V1.4/Base V1.5 & MKS TFT 2.8" Touch Screen User Guide

1. Review This kit includes MKS Base V1.4/Base V1.5 & MKS TFT 2.8" Touch Screen. The MKS BASS board is with simple interface as it is the combination of Arduino MEGA2560 + RAMPS1.4 + 5 x A4982 drivers.2.8 Inch Full

カテゴリー: ガイド/電子ブック

3-Wheels Smart Car Based on ESP8266 Expansion Board

1. Project Introduction This project is using ESP8266 Expansion Board to work as a data bridge between Android mobile APP and toy car, you can send control signal to the car and get sensor data from the car by tapping the APP buttons. The project has an

カテゴリー: ガイド/電子ブック

Raspberry Pi(Linux OS装着)で3.5” タッチスクリーン(HDMI版)のドライブをインストールする

公式ストア: 本文紹介された3.5”HDMIタッチスクリーン: 普通の3.5”タッチスクリーンもお勧めます: 本文は、お客様がPIにLinux OSを装着済みの場合、独立の3.5” タッチスクリーン(HDMI版)のドライブ(90MBぐらい)をインストールのご紹介です。 弊社がパッケージ済み(OSとドライブ)のIMGの焼き込みは次のリンクでの文章をご参照くださいませ: http://osoyoo.com/ja/2016/11/20/raspberry-pi-3-5inch-hdmi-touchscreen/  独立の3.5” タッチスクリーン(HDMI版)のドライブは次のリンクでダウンロードできます: 3.5" HDMI touch screen driver インストール手順(概要): (I) OSをダウンロードしたら、SDカードに焼き込みしてくださいませ。OSのダウンロードリンク: 2017-04-10-RASPBIAN JESSIE WITH PIXELダウンロードリンク~ ubuntu-mate-16.04ダウンロードリンク~ (II) piボードLCDを接続して、piとインタネットを接続してくださいませ。 (III) Uディスクでの「xxx.tar.gz」ファイルをPIの /home/pi フォルダにコーピーして下さい。 (IV) 「xxx.tar.gz」ファイルを解凍する 詳細な説明 (1)Terminalウィンドウで下記のコマンドを入力作動して、 ファイルの実行許可を変更する sudo chmod 777 LCD_show_35hdmi.tar.gz (2)Terminalウィンドウで下記のコマンドを入力作動して、 ファイルを解凍する tar -xzvf

カテゴリー: ガイド/電子ブック

IOT example: use NodeMCU to connect two devices through internet

Objective: In this project, we will use NodeMCU boards to connect a light sensor(photoresistor) and a remote LED. When a local photoresistor detects light, NodeMCU will send signal to a remote NodeMCU through MQTT IOT protocol and turn a LED.

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

MKS SBase 3D printer control board user guide

1 Overview Authorized Online Retailers: MKS SBase advantage over 2560 control board: SBase 2560 CPU Cortex M3 LPC1768 ATMEGA2560 CPUfrequency  100MHz  16MHz CPU bits 32 bits CPU  8 bits CPU firmware Smoothieware  Marlin Motor driver DRV8825  A4988 Support RJ45 network port Yes No Current

カテゴリー: ガイド/電子ブック

ramps1.4+ MKS TFT 2.8" タッチスクリーン・ユーザーガイド

1.MKS TFT 2.8"タッチスクリーンソケットグラフ ramps1.4ボードの電力出力が不足のため、MKS TFT 2.8"タッチスクリーンとramps1.4ボードを接続使用の場合、MKS TFT 2.8"タッチスクリーンに給電のため、12V/1Aの電源アダプターが必要です。12V/1A電源を使用の場合、必ずボードでの"power select"をDC12Vのところに差し込んで下さい。 2.配線図 8ピンパラレルを使って、MKS TFT 2.8"スクリーンの"mainboard interface"インタフェースとramps1.4ボードのAUX-1インタフェースを接続して下さい。もし、電源入れてもスクリーン点灯しないの場合、8ピンパラレルを逆に差し込んで確認して下さい。 3.ファームウェアの焼き込み 1) 次のリンクでRARファイルをダウンロードして、解凍して下さい。MKS-TFT_V2.0.0English.zip 2) 解凍したのファイル(フォルダ) mks_pic, mks_config と mkstft28.bin をUSBストレージやSDカードにコーピーして下さい。 3) USBストレージやSDカードをスクリーンに差し込んで、下記の画像のようにupdateメッセージが表示します。 4) update完了したら、正常に作動できます。プリンタボードと一緒に作動のため、ボーレートを選択して下さい。普段は250000となりますが、作動不良の場合、他の数値をテストして下さい。 5)ボーレートが設定完了したら、MKS-TFT2.8数値を使用することになります。もし、モーターを正しくない制御の場合、まず配線をご確認下さい。配線の問題ではなければ、スクリーンの給電(必ず12v/1A給電)をご確認下さい。最後にサーミスタ は正確に接続かどうかご確認下さい、サーミスタを正確に接続しないとモーターが運動しません。 更に知りたい?次のリンクのPDFファイルをご参照: MKS-TFT-Protocol MKS-TFT28 DataSheet

カテゴリー: ガイド/電子ブック

RaspberryPiで光センサーを作動する

目的 このプロジェクトでは、RaspberryPiと光センサーを接続して、センサーから電圧値を獲得して、電圧値によって、周囲環境の光強度値を判明します。RaspberryPiはアナログ信号(電圧信号)を直接に認識されないため、A/Dコンバータが必要です。 この文章ではMCP3008、MCP3208、MCP3408コンバータを使用します。 必要なパーツ 設備 数量 Raspberry pi2/3ボード 1 8GBまたは8GB以上MicroSDカード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 1 A/Dコンバータ 1 光センサー 1 10K 抵抗 1 ブレッドボード 1 ジャンパーワイヤ 若干 配線図(MCP3208やMCP3008を使用) MCP3208とMCP3008のPINはすべて同じですので、直接に交換できます。詳しくはPDFファイルをご参照: MCP3008 datasheet:http://osoyoo.com/driver/MCP3008_datasheet.pdf MCP3208 datasheet:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/10/MCP3208_datasheet.pdf 配線図(MCP3204使用) ソフトウエアのインストール 勿論Piとインタネットを接続して下さい。 1.「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、gitツールのインストールして下さい。 sudo apt-get install git-core もしエラが発生したら、「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、ソフトパッケージリストを更新して下さい: sudo apt-get update

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Raspberry Piで赤外線レシーバーを作動する

目的 このプロジェクトでは、Raspberry Piで赤外線レシーバーを接続して、赤外線リモコンからの信号を獲得して、復号します。 必要なパーツ: 1 Raspberry Pi 2/3/zeroボード 1 8GB(または8GB以上) MicroSD カード(Raspbian OS装着済み) 1 VS1838B赤外線レシーバー 1 赤外線リモコン 1 ブレッドボード 1 40ピンT型GPIO拡張ボード 40ピンリボンケーブル 若干 ジャンプワイヤー 配線図 lIRCのインストール LIRC (Linux Infrared remote control)はlinuxシステムでのオープンソース・ソフトウェア・パッケージとして、Linuxシステムで赤外線信号を送受信できます。 「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、lIRCをインストールします: sudo apt-get install lirc プロフィールを修正する 1)「LXTerminal」で下記のコマンドを作動して、/etc/lirc/hardware.confファイルを次のように修正して下さい: sudo nano /etc/lirc/hardware.conf

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードを使って、タクトスイッチ信号を遠距MQTTクライアントに送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、タクトスイッチとNodeMCUボードを接続して、 タクトスイッチを押したら、"pressed" メッセージは遠隔のMQTT クライアントに送信します。タクトスイッチをはずしたら、 "not pressed"メッセージを遠隔のMQTT クライアントに送信します。NodeMCUボードは2秒1回にタクトスイッチの状態を更新します。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 タクトスイッチx 1 1K 抵抗x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール:

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック