目次

  1. 概要
  2. 仕様
  3. ピンアウト
  4. 回路図
  5. ファイル

“The UNO is the best board to get started with electronics and coding. If this is your first experience tinkering with the platform, the UNO is the most robust board you can start playing with. The UNO is the most used and documented board of the whole Arduino
family.” —————-  www.Arduino.cc

概要

Osoyoo UNO BoardはArduino UNO rev.3と完全に互換性があり、ATmega328P(データシート)に基づくマイクロコントローラボードです。 14個のデジタル入出力ピン(
その中の6個はPWM出力として使用可能)、6個のアナログ入力、16 MHz水晶、USB接続、電源ジャック、ICSPヘッダー、およびリセットボタンを備えています。 マイクロコントローラをサポートするために必要なものがすべて含まれています。 USBケーブルでコンピュータに接続するか、AC-DCアダプタまたはバッテリで電源を入れるだけで
作動できます。UNOで間違ったことを心配することなく改造できます、最悪の場合には チップを数ドル買ってからやり直すできます。

「Uno」はイタリア語の一つを意味し、Arduino Software(IDE)1.0のリリースをマークするために選ばれました。 UnoボードとArduino Software(IDE)のバージョン1.0はArduinoのリファレンスバージョンであり、新しいリリースに進化しました。 Unoボードは、一連のUSB Arduinoボードの最初のもので、Arduinoプラットフォームのリファレンスモデルです。 現在、過去または古いボードの広範なリストはボードのArduinoインデックスを参照してください。

注意:

これはArduino互換ボードです。 元のArduinoボードではありませんが、似ています。 この価格でインターネット上で販売されているArduino Uno R3ボードは、オリジナルではありません、すべてコーピーものです。 これは完璧に合法で、arduinoエコシステム全体がオープンソースであることがご了承くださいませ! このボードはOsoyooによって製造されていることに注意してください! 私たちは使用するコンポーネントのブランドと品質を管理しています! また、品質の高い製品を常に供給しているサプライヤーを慎重に選択しました。 工場を出る前に、製品の品質を厳密に管理しています。 優れたアフターサービスとプロフェッショナルな技術サポートにより、Osoyoo UNO Boardとの楽しい時間をお過ごしいただけます。

Osoyoo UNOボードの仕様

Osoyoo UNOのピンアウト

回路図

Arduino Unoはオープンソースのハードウェアです! Arduino公式サイトの以下のファイルを使用してご自身のボードを構築することができます:

ファイル

プログラミング

(Arduino Software (IDE))を使って、Arduino Unoをプログラムすることができます。
Tools> Boardメニューから “Arduino / Genuino Uno”を選択して(使用しているボードによって、選択してください)。詳しくはリファレンス and チュートリアルご参照ください。

Arduino UnoのATmega328には、外部ハードウェアプログラマを使用せずに新しいコードをアップロードできるブートローダがあらかじめプログラムされています。 元のSTK500プロトコル(参照Cヘッダーファイル)を使用して通信します。

また、ブートローダをバイパスし、Arduino ISPなどを使用してICSP(インサーキットシリアルプログラミング)ヘッダを介してマイクロコントローラをプログラムすることもできます。 詳細については、これらの手順を参照してください。

ATmega16U2(rev1およびrev2ボードの8U2)ファームウェアのソースコードは、Arduinoリポジトリにあります。 ATmega16U2 / 8U2には、DFUブートローダがロードされています。下記のようにアクティブ化されます:

AtmelのFLIPソフトウェア(Windows)またはDFUプログラマー(Mac
OS XおよびLinux)を使用して、新しいファームウェアを読み込むことができます。
あるいは、ISPヘッダーを外部プログラマで使用することもできます(DFUブートローダを上書きする)。
詳細については、このユーザー提供のチュートリアルを参照してください。

注意点

Arduino Unoには、コンピュータのUSBポートを短絡や過電流から保護するリセット可能なポリヒューズがあります。 ほとんどのコンピュータは独自の内部保護機能を備えていますが、ヒューズは追加の保護層を提供します。 USBポートに500 mAを超えると、短絡または過負荷が解除されるまで自動的にヒューズが切断されます。

他のボードとの違い

Unoは、FTDIのUSB-to-serialドライバチップを使用していない点で、以前のすべてのボードと異なります。 代わりに、USB-to-serialコンバータとしてプログラムされたAtmega16U2(バージョンR2までのAtmega8U2)を搭載しています。

給電

Arduino Unoボードは、USB接続または外部電源を使用して給電することができます。 電源は自動的に選択されます。

外付け(USB以外の)電源は、AC / DCアダプタ(ウォールワット)またはバッテリから供給されます。 2.1mmのセンタープラスプラグをボードの電源ジャックに差し込むことにより、アダプタを接続することができます。 バッテリからのリードは、POWERコネクタのGNDおよびVinピンヘッダに挿入できます。

ボードは6〜20Vの外部電源で動作します。 ただし、7V未満で供給される場合、5Vピンは5V未満の電圧を供給し、ボードが不安定になる可能性があります。 12Vを超える電圧を使用すると、電圧レギュレータが過熱してボードを損傷する可能性があります。 推奨範囲は7〜12ボルトです。

電源ピンは以下の通りです:

メモリ

ATmega328には32 KB(ブートローダが占有する0.5 KB)があります。 また、2KBのSRAMと1KBのEEPROM(EEPROMライブラリ)で読み書き可能)も備えています。

入力と出力

ArduinoピンとATmega328Pポートの間のマッピングを参照してください。 Atmega8,168、および328のマッピングは同じです。

PIN MAPPING ATmega328P

Uno上の14個のデジタルピンのそれぞれは、pinMode()digitalWrite()、およびdigitalRead()関数を使用して、入力または出力として使用できます。 彼らは5ボルトで動作します。 各ピンは推奨動作条件として20mAを供給または受信でき、20〜50kΩの内部プルアップ抵抗(デフォルトでは接続されていません)を備えています。 マイクロコントローラの恒久的な損傷を避けるために、最大40mAがI / Oピンを超えてはならない値です。

さらに、一部のピンには特殊な機能があります:

  • シリアル:0(RX)と1(TX)。 TTLシリアルデータの受信(RX)および送信(TX)に使用されます。 これらのピンは、ATmega8U2
    USB-to-TTLシリアルチップの対応するピンに接続されています。
  • 外部割り込み:2と3これらのピンは、低い値、立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジ、または値の変化で割り込みをトリガするように設定できます。
    詳細については、attachInterrupt()関数を参照してください。
  • PWM:3,5,6,9,10,11。analogWrite()関数で8ビットPWM出力を提供します。
  • SPI:10(SS)、11(MOSI)、12(MISO)、13(SCK)。 これらのピンは、SPIライブラリを使用したSPI通信をサポートします。
  • LED:13.デジタルピン13で駆動されるLEDが内蔵されています。ピンがHIGHの場合、LEDは点灯し、ピンがLOWのときは消灯します。
  • TWI:A4またはSDAピンとA5またはSCLピン。 Wireライブラリを使用してTWI通信をサポートします。

UnoにはA0からA5のラベルが付いた6つのアナログ入力があり、それぞれが10ビットの分解能(つまり1024の異なる値)を提供します。
デフォルトでは、AREFピンとanalogReference()関数を使用して範囲の上限を変更することは可能ですが、地上から5ボルトまで測定します。
ボード上にはいくつかのピンがあります:

通信

Arduino / Genuino Unoには、コンピュータ、Arduino / Genuinoボード、または他のマイクロコントローラと通信するための多数の機能があります。 ATmega328は、デジタルピン0(RX)と1(TX)で使用可能なUART TTL(5V)シリアル通信を提供します。 ボード上のATmega16U2は、このシリアル通信をUSB経由で行い、コンピュータ上のソフトウェアへの仮想COMポートとして表示されます。 16U2ファームウェアは標準のUSB COMドライバを使用し、外部ドライバは不要です。 ただし、Windowsでは.infファイルが必要です。 Arduinoソフトウェア(IDE)には、ボードとの間で簡単なテキストデータの送受信を可能にするシリアルモニタが含まれています。
ボード上のRXおよびTX
LEDは、データがUSB-シリアル・チップおよびUSB接続を介してコンピュータに送信されているときに点滅します(ピン0および1のシリアル通信ではありません)。

SoftwareSerialライブラリは、Unoのデジタルピンのいずれかでシリアル通信を可能にします。

ATmega328はI2C(TWI)およびSPI通信もサポートしています。 Arduinoソフトウェア(IDE)には、I2Cバスの使用を簡素化するWireライブラリが含まれています。 詳細は、ドキュメントを参照してください。 SPI通信の場合は、SPIライブラリを使用します。

自動(ソフトウェア)リセット

Arduino / Genuino Unoボードは、アップロードする前にリセットボタンを物理的に押す必要はなく、接続されたコンピュータで実行されるソフトウェアによってリセットされるように設計されています。
ATmega8U2 /
16U2のハードウェアフロー制御ライン(DTR)の1つは、100ナノファラッドのコンデンサを介してATmega328のリセットラインに接続されています。
このラインがアサートされている(ローになっている)と、リセットラインはチップをリセットするのに十分な長さで降下します。 Arduinoソフトウェア(IDE)はこの機能を使用して、インターフェイスツールバーのアップロードボタンを押すだけでコードをアップロードできます。
これは、DTRの低下がアップロードの開始とうまく調整できるため、ブートローダーのタイムアウトが短くなることを意味します。

この設定には別の意味があります。 UnoがMac OS
XまたはLinuxを実行しているコンピュータのいずれかに接続されている場合、Unoはソフトウェアから(USB経由で)接続されるたびにリセットされます。
それ以降の30秒間、ブートローダはUnoで動作しています。
不正なデータ(新しいコードのアップロード以外のもの)を無視するようにプログラムされていますが、接続が開かれた後にボードに送信されるデータの最初の数バイトはインターセプトされます。
ボード上で動作しているスケッチが最初に起動するときにワンタイム設定やその他のデータを受信する場合は、通信を行うソフトウェアが接続を開いてこのデータを送信する前に1秒待っていることを確認してください。

Unoボードには、自動リセットを無効にするために切断できるトレースが含まれています。 トレースの両側のパッドを半田付けして再度有効にすることができます。
「RESET-EN」というラベルが付けられています。 また、リセットラインに5Vから110オームの抵抗を接続して自動リセットを無効にすることもできます。
詳細はフォーラムスレッドを参照してください。

リビジョン

ボードの改訂版3には、次の新機能があります:

Osoyoo UNO Boardは、Arduino UNO Boardと100%のソフトウェアおよびハードウェア互換性があります。詳細はwww.arduino.ccから入手できます。 彼らの努力のおかげで、Arduinoを学ぶ方が簡単です!