認定オンライン小売業者

アメリカのアマゾンから購入する イギリスのアマゾンから購入する ドイツのアマゾンから購入する イタリアのアマゾンから購入する フランスのアマゾンから購入する スペインのアマゾンから購入する 日本のアマゾンから購入する

目的

このレッスンでは、赤外線センサー機能を利用したロボットカー同士の対戦ゲームを作ります。その為にロボットカーを2台用意して、それぞれA、Bチームに分かれてください。

互いのチームのロボットカーが相手チームのロボットカーに向けて赤外線センサーの信号を送信し、受信すると撃破され信号を送ったチームの勝利となります。

レッスンを続行する前に、レッスン7におけるスマホアプリのインストールと配線接続が完了している必要があります。

部品など各機器


各機器の設置と接続

ステップ1: このレッスンには、少なくても2台のロボットカーが必要になってきます。またレッスン7の各機器の設置と接続まで完了させている必要があります。

ステップ2: 赤外線受信機(レッスン2)、ブザー(レッスン5)を取付けます。また上部シャーシ全面に赤外線送信機を、2本のM2.5プラスチックネジ・ナットと、六角柱を使用して取付けます。

ステップ3: 上記のステップに沿って各機器の取り付けを完了させたら、下記図のようにWifi拡張ボードに接続します。


プログラムをインストール

オープンソースのソフトウェア
Arduino (IDE)
ここにArduino IDEをダウンロードできます
https://www.arduino.cc/en/Main/Software?setlang=ja
7 zipは無料の圧縮・解凍ソフト
zipファイルなど解凍できますs
こちらから無料でダウンロードできます
https://sevenzip.osdn.jp/
OSOYOOロボットカー操作アプリケーション
(AndroidとiOSのスマホ、タブレット、iPadなど対応)
Google PlayやApple APP Storeで
「OSOYOO imitation driving」と検索してください。

ステップ1:  v2smartcar-lesson8 からArduinoスケッチコードをダウンロードしてください。解凍すると、v2smartcar-lesson8Aおよびv2smartcar-lesson8Bというフォルダが表示されます。

ステップ2: チームAのロボットカーには、v2smartcar-lesson8Aフォルダー内のコード「v2smartcar-lesson8A.ino」をアップロードします。またチームBのロボットカーには、v2smartcar-lesson8Bフォルダー内のコード「v2smartcar-lesson8B.​​ino」をアップロードする。

ステップ3: レッスン7でアプリケーションをインストールしている場合、ステップ4に進んでください。もしインストールしていなければ、Google Playから「OSOYOO imitation driving」と検索して携帯端末にインストールしてください。

ステップ4: 携帯端末のBluetooth設定から「HC‐02」を検索してペアリングします。次にアプリケーションを開いてBT検索ボタンから接続先の「HC‐02」を選択したら、ロボットカーの操作準備が完了です。

動作テスト

アプリケーションのエンジンスイッチをクリックしたら、対戦ゲームのスタートです。F1ボタンは赤外線送信機の信号を送信するボタンになるので、相手のロボットカーに向けて信号を送信しましょう。

上手く当たれば相手側からブザーが鳴るので、鳴った方のチームが負けとなります。携帯端末の向きやシフトレバーを操作しつつ、F1ボタンを押して勝利を目指しましょう。