MKS 1.4 はRepRap Prusa i3 3D 互換プリンタのダッシュボードとして、Arduino Mega2560ボードとRamps1.4制御ボードに付いますので、回路の組み立は以前より、簡単になりました。

MKS 1.4 は下記の2版があります:

Name Image Authorized Retailer

MKS Base V1.5

mksbase AMAZON
MKS Base V1.4 mksbase AMAZON
MKS Gen V1.4 mksgen AMAZON

MKS Base ボードとMKS Gen 1.4ボードの区別、MKS Base ボードに 5 サーボ制御モデルを搭載しますが、MKS Gen 1.4ボードにありません。 その他仕様はすべて同じですので、Marlinファームウェアをインストールも同じです。

ファームウェアをインストール方法:

準備:
MKS 1.4 ボード、LCD 制御パネルと3D プリンターを接続してくださいませ。(回路図はこちら !).

MKS TFT 2.8″ と3.2″ タッチスクリーン使用案内

MKS ボードのZ軸サーボコントローラのインストールは下記の内容をご参照:

MKS Base V1.4 ボードの場合:

1個のZ軸サーボを使用の場合、Z_MOT スロットに接続してくださいませ。, 2個のZ軸サーボを使用の場合、Z_MOT スロットと E1_MOTスロットを使用してください。

MKS Gen V1.4 ボードの場合:

1個のZ軸サーボを使用の場合、Z スロットに接続してくださいませ。, 2個のZ軸サーボを使用の場合、Z_MOT スロットと E1スロットを使用してください。

注意(デバイスの損害を回避のため、必ずご確認ください): 通電の状態でデバイスの抜くと接続は禁止です。静電荷がありますので、直接に手をデバイスに触らないようお願い致します(手を金属家具などを触って、静電荷取り除いてください)。電源の接続をしっかり検査してください。

Step 1)次のリンク必ず1.5.4以前のバージョンを使用して下さい。)でArduino IDEをダウンロードし、インストールしてくださいませ。

Step 2) USBケーブルでMKS V1.4 ボードとPC(インタネット接続済み)を接続して、自動的にボードのドライバーをインストールします。

ドライバーが自動的にインストールできない場合、下記のURLのソフトダウンロードして、解凍して、インストールしてください:

osoyoo.com/driver/FAT 232 driver.rar

Step 3)U8glib libraryをArduino IDEにロードしてください。

First: U8glib library をダウンロードして、Arduino IDE ->Sketch->Include Library->Add Zip Library でダウンロードしたファイルを選択して、ロードします。(画像をクリックして拡大イメージを表示)

addzip

Step 4) Arduino IDE->Tools->BoardでArduino Mega 2560を選択して下さい。(画像をクリックして拡大イメージを表示)

ide-2560

Tools->PortでArduino Mega2560のCOM portを選択してください。 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

ide-comport

Step 5)LCDの型番によって、Marlinファームウェアをダウンロードして下さい。

LCD screen No. Picture Download link
2004 LCD 2004 2004 LCD Marlin firmware
12864 LCD 12864 12864 LCD Marlin firmware
2.8″ TFT Touch Screen 12864 2.8″ TFT touch screen Marlin firmware
3.2″ TFT Touch Screen 12864 3.2″ TFT touch screen Marlin firmware

ダウンロードして、解凍したら、 “Marlin”と言うフォルダが見えます。

下記の説明を十分注意くださいませ。
ダウンロードしたの「Marline」フォルダに「Configuration.h」と言うファイルがあり、このファイルで非常に重要なハードウェア設定値があります。
下記の内容を確認して、「Configuration.h」と「configuration_adv.h」ファイルを必要な編集をして下さい~

A)2つのZ軸サーボモータとMKSジェン/ベースボードを接続した場合、下記のように編集して下さい~

「configuration.h」の248行~253行:

#define INVERT_X_DIR false // for Mendel set to false, for Orca set to true

#define INVERT_Y_DIR true // for Mendel set to true, for Orca set to false

#define INVERT_Z_DIR false // for Mendel set to false, for Orca set to true

#define INVERT_E0_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

#define INVERT_E1_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

#define INVERT_E2_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

「configuration_adv.h」148行:

#define Z_DUAL_STEPPER_DRIVERS // disable this line if you have only one Z motor

B)一つのZ軸サーボモータとMKSジェン/ベースボードを接続した場合、下記のように編集して下さい~

「configuration.h」の248行~253行:

#define INVERT_X_DIR false // for Mendel set to false, for Orca set to true

#define INVERT_Y_DIR true // for Mendel set to true, for Orca set to false

#define INVERT_Z_DIR false // for Mendel set to false, for Orca set to true

#define INVERT_E0_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

#define INVERT_E1_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

#define INVERT_E2_DIR false // for direct drive extruder v9 set to true, for geared extruder set to false

「configuration_adv.h」148行:

//#define Z_DUAL_STEPPER_DRIVERS // disable this line if you have only one Z motor

Step 6)Arduino IDE->File->Openで「Marlin]を選択して、Marlin.inoを開いて、Mega2560ボードにロードしてくださいませ。ロード完了したら、LCDでメニューが表示します。(画像をクリックして拡大イメージを表示)

12864complete

いまから、LCDコントロールパネルでプリンターを制御しできます。

1 Comment

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx