1) 目的:
IntoRobot Nutは、IoTプロジェクトを開発工作用の小さなオープンソースWi-Fi MCUボードです。使いやすく、パワフル、コスパ高いの特徴があります。IntoRobot Nutについて、もっと知りたいの場合、次のリンクの文章をご参照:IntoRobot Nut クイックスタート ガイド
IntoRobot NUT ボードに光センサーを搭載のため、周囲環境の光強度値を測定しできます。このプロジェクトでは IntoRobotボードを使って、周囲環境の光強度値を獲得して、データをIntoRobot IOT cloudサーバーに転送して、インタネットを通じでPCのブラウザやスマホのAPPでデータ情報が確認します。
2) 必要なパーツ:
ディバイス
数量
IntoRobot Nut ボード
1
USB 電源アダプター
1
USBケーブル
1
ジャンプワイヤー
若干

3) 配線図

ジャンプワイヤーを使って、IntoRobot NutのLS pin(光センサー) と A0 pinを接続して下さい:

4) PCのブラウザやスマホのIntoRobot APPでIntoRobot アカウントをログインして下さい。IntoRobot無料アカウントがない場合、次のリンクの文章をご参照: http://osoyoo.com/ja/2016/11/13/intorobot_account/

5)お客様のIntoRobot NUT ボードをIntoRobot cloud アカウントに追加して下さい。次のリンクの文章をご参照: http://osoyoo.com/ja/2016/11/15/intorobot-nut-quickstart/

5)  IntoRobot
コントロールpanel画面で、「My devices->Demo devices->Nut->Nut光照强度计」に入って下さい。

 

6)  「Fork it to my device」クリックして下さい

7) 
次の画面に表示します。Nut ボードを選択して、「update device 」をクリックして下さい。

4、
「Yes」ボダンをクリックして
下さい
コードはコンパイルします。
コードがコンパイルして、ボードにロードしたら、光強度のデータが見えます。
「programming ->NutLight」をクリックして、
ソースコードが見えます。ソースを変更して、新しいアプリケーションが作れます。