11

説明:

発光ダイオード(はっこうダイオード、英: light emitting diode: LED)はダイオードの一種で、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子です。1962年、ニック・ホロニアックにより発明された
です。発明当時は赤色のみだったですが、1972年にジョージ・クラフォード(英語版)によって黄緑色LEDが発明されました。1990年代初め、赤崎勇、天野浩、中村修二らによって、窒化ガリウムによる青色LEDの半導体が発明され
ました。
発光原理はエレクトロルミネセンス (EL) 効果を利用している。また、有機エレクトロルミネッセンス(OLEDs、有機EL)も分類上、LEDに含まれています。

 

  • サイズ:5mm
  • 電流: 20mA
  • 材質:プラスチック
  • 視野角:45-50°
  • 順方向電圧:赤/黄DC 1.8-2.3V;白/緑/青DC 2.8-3.6V
  • 波長範囲:赤色:620-630nm; 黄色:580-590nm; グリーン:520-530nm; Bule / White:460-470nm
  • 光の強さ:赤/黄:2000-3000mcd; グリーン/ブルー:3000-4000mcd; 白:6000-8000mcd

例:

ArduinoでHC-SR501赤外線モーションセンサーを作動する:http://osoyoo.com/ja/2016/08/15/arduino-motion-sensor/

振動センサーモジュール:http://osoyoo.com/ja/2016/08/15/vibration-sensor-module/

参照:

LED wiki: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E5%85%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89

rohs_icon

: LED

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx