公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

目標:

このレッスンでは、スマホAPPを使って、WiFiとBluetoothでロボットカーを制御する方法を学習します。

必要なパーツ:

デバイス
画像
数量
必要なネジ
ESP8266 拡張ボード
1
Bluetooth モジュール
1
下部シャーシ
1
M3*5 ネジx5
銅柱 x5
上部シャーシ
1
M3*5 ネジx5
歯車モータ ワイヤー付き
(歯車モーター固定用アクリル板 x8
速度エンコーダ x4)
4
M3*30 ネジx8
M3 ナッツx8
ホイール
4
OSOYOO UNO R3ボード USBケーブル付き
1
M3*10 ネジx4
M3 ナッツx4
透明ワッシャー x4
OSOYOO MODEL X モータドライバー
1
M3*10 ネジx4
M3 ナッツx4
透明ワッシャー x4
18650 3.7V 電池ボックス(電池は付いていません)
1
M3*10 ネジx4
M3 ナッツx4
DC電源コネクタ ワイヤー付き
1
電圧計
1
M3*10 ネジx2
M3 ナッツx2
透明ワッシャー x2
トラッキングセンサモジュール
5
M3*10 ネジx5
M3 ナッツx5
SG90サーボモータ ブレードとネジ付き

1
超音波モジュール

1
 M1.5*12 ネジx4
M1.5 ナッツx4
SG90サーボモーターと超音波センサー用ホルダー

1
 M3*10 ネジx3
M3 ナッツx3
M2*10 ネジx2
M2 ナッツx2
SG90のネジ x1
ブザーモジュール

1
M3*10 ネジx1
M3 ナッツx1
ジャンパー線(メス~メス)
若干
ジャンパー線 (オス~メス)
若干
十字ドライバー
1

ハードウェアの装着:
Step 1) ESP8266 拡張ボードとUNO R3ボードを接続して下さい:

Step 2) UNO R3ボードの数字ポート(D2〜D13、A1〜A3)に接続されている配線をすべてESP8266拡張ボードの対応の数字ピンに移動してください。

ご注意: ESP8266拡張ボードにbluetoothモジュールを接続して下さい。

Step 3) esp8266ボードでのスイッチを“1 2” の側に切り替えして下さい。 下記の画像をご参照:

Step 4) 第1課のサンプルコードをダウンロード、解凍して、Arduino Unoボードにロードして下さい。

注意:BluetoothモジュールとArduinoボードは、UARTシリアルポートを通じで相互に通信します。 Arduinoボードにスケッチをアップロードする前にBluetoothモジュールを取り外してください。そうしないとスケッチがアップロードされません。

Step 5)ステップ5)次の写真のように、esp8266のスイッチを「on」にします。

Step 6) バッテリーボックスのスイッチを入れると、 車がレッスン1で説明したように動くことができる場合(5秒前に進み、5秒後に左に5秒、次に右に5秒回転して停止)、ESP8266拡張ボードと R3 UNOボードの接続はすべて正しいと判明できます。 それ以外の場合は、ESP8266拡張ボードとUNO R3の各デジタルピン接続を確認してください。


ソフトウェアのインストール:

Step 1: esp8266にコードをアップロードする前に、esp8266ボードのスイッチを「1 2」の場所に置いてください、写真をご参照:

Step 2:次のリンクで第5課のサンプルコードをダウンロードして下さい。https://osoyoo.com/driver/smartcar-lesson5.zipダウンロードしたのzipファイルを解凍したら、 smartcar-lesson5というフォルダがあります。

Step 3:  USBケーブルを使って、Arduino UNO R3ボードとパソコンを繋ぎ、 Arduino IDEの file -> Open に入って、先ほど解凍したのsmartcar-lesson5 フォルダに「smartcar-lesson5.ino」 を選択して、コードをArduino IDEにロードします。

Step 4: Arduino IDEのToolsにボードタイプ「Arduino/Genuino UNO」とポート番号を選択して、コードをR3ボードにアップロードしてください。

注意:BluetoothモジュールとArduinoボードは、UARTシリアルポートを通じで通信します。Arduinoボードにスケッチをアップロードする前に、Bluetoothモジュールを取り外してください。そうしないと、スケッチが正常にアップロードされません。

Step 5:  次の写真に示すように、esp8266のスイッチを「ON」にして下さい:

Step 6:次のリンクでスマホ(Android)APPをダウンロードして、スマホにインストールして下さい。https://osoyoo.com/driver/car.apk.

またはスマホで下記の QRコードをスキャンして、APPをダウンロード、インストールして下さい :

注意: AndroidAPP ソースコード:https://osoyoo.com/driver/BTcar-master.zip (このAPP はAndroid OSのスマホだけ対応できます。)

Step 7: Android スマホにAPPをインストール完了:

テスト:

Step 1:バッテリーボックスのスイッチを入れてください。

Step 2:WIFIでロボットカーをコントロールしたい場合は、スマホのwifi設定画面にWiFi hotspotをスキャンし、「DoitWIFI_Config」という名前のWi-Fiを検索し、クリックして、接続して下さい。(パスワード不要です。)

Step 3:APPに入って、WiFi モードを選択して、wifiを通じでロボットカーが制御できます。

Step 4:Bluetoothでロボットカーをコントロールしたい場合は、スマホの bluetooth 機能を有効にして、設備をスキャンして、検索したの設備(Bluetoothモジュールより名前も異なります。)をクッリクして、パスワード(0000または1234)を入力して、Bluetoothモジュールと接続します。

Step 5)APPに入って、bluetoothモードを選択して、bluetoothでロボットカーを制御します:

手動制御、障害物回避、追跡の3つの工作モードがあります。 お客様は3つの作業モードの間で自由に切り替えることができます。
1)手動制御モードでは、ボタン(^)(V)(<)(>)をクリックすると、ロボットカーが前後に移動し、左右に回転します。 また、APPのコマンド欄に車のリアルタイムの動きを観察することができます。

2) トラッキングモードに切り替えると ロボット車は、白い背景の黒線に沿って前進します。また、APPのコマンド欄に車のリアルタイムの動きを観察することができます。「||」ボダンをクッリクして、ロボットカーを停車します。他のボダンをクッリクして、ロボットカーの工作モードを切り替えます。詳しくは第4課をご参照:

3) 「Obstacle」ボダンをクッリクして、ロボットカーの工作モードは障害回避モードで工作します。ロボットカーは続いて走行します、途中で障害物が検知したら、一旦停止し、他の 方向に回ります。「||」ボダンをクッリクして、ロボットカーを停車します。他のボダンをクッリクして、ロボットカーの工作モードを切り替えます。詳しくは第3課をご参照: