公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

1 目的

煙感知器は、建物の煙や火災を検出するのに非常に便利であり、重要な安全性パラメータです。可燃性ガス、アルコール、メタンなどに敏感です。センサー出力の電圧は環境での煙/ガスレベルに応じて変化しています。 センサー出力の電圧とガス濃度の間の関係は以下の通りです:

  • ガス濃度が高くなると、出力電圧が大きくなる
  • ガス濃度が低くなると、出力電圧が小さくなる

このDIYレッスンでは、煙探知器を遠隔監視する方法を学びます。

2 ハードウェア準備

デバイス 数量
UNO R3 ボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
煙センサー 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード 1

3 ハードウェア配線

下記の写真をご参照して、煙センサーとUNOボードを接続してください:

UNO ボード 煙センサー
A0 AO
GND GND
5V VCC

4 Cayenneページでデバイスを追加する

Cayenne プラットフォームにログインしたら、Add newをクリックして、>Device/Widgetを選択してください。

「Sensors」をクリックして、「Generic」を選択してください。

「Analog Input」を選択してください。 datasheet を下記のように設定してください:

ご注意:もし、 V1が他のデバイスが占有されたら、他のVIRTUAL PIN を選択してください、また、選択したのPIN番号を必ずsketchコードにあるデフォルトPIN番号を切り替えして下さい。

「Step 1:Sketch File」をクリックして、サンプルコードを表示します。新しいsketchを新規作成します、次のリンクでダウンロードしできます:http://osoyoo.com/driver/smoke_sensor.txt

コードを Arduino IDEにコーピーしてくださいませ。Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、コードにauthentication token番号も確認してくださいませ。Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO
ボードにアップロードします。Cayenneダッシュボードで、[Step 2:Add Sensor]をクリックして、煙センサーが表示しできます:

煙センサーが可燃性ガスが検知したら、データ値も変更します。

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx