公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

1 目的

このレッスンでは、Cayenne IOT Platformでサウンドセンサーを使って、環境の音声の強さを検出する方法を紹介します。このサウンドセンサーは、サウンド音声の有無を検出するために使用されます。サウンド信号を収集しないでください。 音センサモジュールには、音に非常に敏感な容量性の電気マイクが内蔵されており、音波は薄膜の電気を振動させた後、静電容量が変化し、対応する変化した電圧を生成します。 ポテンショメータを調整することで感度を調整することができます。

2 ハードウェア準備

デバイス 数量
UNO R3 ボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
音声センサー 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード 1

3 ハードウェア配線

音声センサーとUNOボードは下記のように接続してください:

UNO ボード 音声センサー
D4 OUT
GND GND
5V VCC

4 Cayenneページでデバイスを追加する

Cayenne プラットフォームにログインしたら、Add newをクリックして、>Device/Widgetを選択してください。

「Sensors」をクリックして、「Generic」を選択してください。

「Digital Input」をクリックして、datasheetを下記のように設定してください:

ご注意:もし、 V1が他のデバイスが占有されたら、他のVIRTUAL PIN を選択してください、また、選択したのPIN番号を必ずsketchコードにあるデフォルトPIN番号を切り替えして下さい。

「Step 1:Sketch File」をクリックして、サンプルコードを表示します。新しいコードを新規作成しますので、下記のリンクでダウンロードしてください:http://osoyoo.com/driver/sound.txt

コードを Arduino IDEにコーピーしてくださいませ。Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、コードにauthentication token番号も確認してくださいませ。Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO ボードにアップロードします。Cayenneダッシュボードで、[Step 2:Add Actuator]をクリックして、
音声センサー widgetが表示しできます:

音声センサーの近くで断続的に発言したり、ノイズを発生させたりすると、ダッシュボードで、データが0と1の間で変化することがわかります。
ボリュームが大きいときはダッシュボードの値が0になり、ボリュームが小さいときはダッシュボードの値が1になります。

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx