公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

1 目的

この課では、Cayenne IOT platformで遠隔場所の環境温度と気圧値を獲得します。

2 ハードウェア準備

デバイス 数量
Osoyoo UNO ボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
BMP180センサー 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード 1

3 ハードウェア接続

下記の写真をご参照して、BMP180センサーとUNOボードを接続してください。

 

4 Cayenneページでデバイスを追加する

Cayenne プラットフォームにログインしたら、Add newをクリックして、>Device/Widgetを選択してください。

「Sensors」をクリックして、「Temperature」を選択してください。

「BMP180」を選択してください。

データシートを下記のように表示します。

設定:

Widgit Name: デフォルト名はBMP180ですが、自分で定義可能です。

Select Device:Arduinoデバイスを選択してください。ここではArduino Unoを選択してください。

Connectivity: 接続タイプを選択してください:デジタル、アナログ、バーチャルがあります。ここではVirtualを使用しています。

Temperature Pin:  V2;

Pressure Pin: V1;
ご注意: もしV1とV2が他のデバイスに占有した場合、 v3、v4…などのPINを選択してください。選択したのPIN番号を必ずsketchコードにあるデフォルトPIN番号を切り替えして下さい。

Choose Widget: 任意です。

Choose Icon: 任意です。

「Step 1:Sketch File」をクリックして、サンプルコードを表示します。コードを Arduino IDEにコーピーしてくださいませ。コードをアップロードする前に、必ず下記の注意点をご確認くださいませ:

1)ライブラリのインストール:

Adafruit_Sensor:http://osoyoo.com/driver/Adafruit_Sensor.zip

Adafruit_BMP085_U:http://osoyoo.com/driver/Adafruit_BMP085_Unified.zip

Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、コードにauthentication token番号も確認してくださいませ。Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO ボードにアップロードします。Cayenneダッシュボードで、[Step 2:Add Actuator]をクリックして、温度と気圧計widgetが表示しできます:

データボードから、気温は25.60度、気圧は99725.0Paを表示しできます。また、どこでも、Adroid / iOSスマートフォンからデータを読み取ることができます。

 

Leave a Reply

WordPress spam blocked by CleanTalk.
Bombax Theme designed by itx