公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

1 概要

このレッスンでは、光センサーからの光強度データを自動的にCayenne ダッシュボードに送信します。

2 ハードウェアの準備

必要なパーツ:

デバイス 数量
Arduino UNOボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
光センサー 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード 1

3 配線

下記の写真をご参照して、UNOボードと光センサーを接続してください。

ご注意:

4 Cayenneページでデバイスを追加する

Cayenne プラットフォームにログインしたら、Add newをクリックして、>Device/Widgetを選択してください。

「Sensors」をクリックして、「Luminosity」を選択してください。

「Photoresistor」を選択してください。

下記のように表示します:

設定:

Widgit Name: デフォルト名はPhotoresistorですが、自分で定義可能です。

Select Device:Arduinoデバイスを選択してください。ここではArduino Unoを選択してください。

Connectivity:このlessonではVirtualしか使えません。

Pin: Arduinoには、アナログ入力として使用できる複数のピンがあります(例:Arduino UnoにはA0、A1、A2、A3、A4、A5があります)。 ここではA0を使用します

Choose Widget:  Widgetは、デバイスを制御用とデバイスからのデータの視覚化を表示するために使用されます。 CayenneのIoTプロジェクトで利用可能なカスタマイズWidgetのリストが増えています。 各Widgetには独自の設定と構成オプションがあります。

Choose Icon: Widgetのアイコンを選択してください。例えば、温度センサーは温度計のアイコンです。

「Step 1:Sketch File」をクリックして、サンプルコードを表示します。コードを Arduino IDEにコーピーしてくださいませ。

Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO ボードにアップロードします。Cayenneダッシュボードで、[Step 2:Add Actuator]をクリックしてください。

Photoresistor widgetはダッシュボードに表示します。

データシートに光強度データが表示できます。同時に、スマホにもデータを見えます。