公式ストア:

AMAZON
AMAZON-jp
amzuk

1 概要

このレッスンでは、Cayenne IOTデータシートでDHT11からの温湿度データの読み取る方法を紹介します。

2 ハードウェアの準備

デバイス 数量
Arduino UNOボード 1
W5100拡張ボード 1
USB ケーブル 1
DHT11センサー 1
200 Ω抵抗 1
ジャンプワイヤー 若干
ブレッドボード 1

3 接続

下記の写真をご参照して、UNOボードとDHT11センサーを接続してください。

4 Cayenneページでデバイスを追加する

DHT ライブラリが必要ですので、IDEに無ければ、次のリンクでライブラリをダウンロードして、IDEに追加してください。ダウンロードリンクhttp://osoyoo.com/driver/DHT.zip

http://osoyoo.com/driver/cayenne_dht11.ino コードを Arduino IDEにコーピーしてくださいませ。

コードに下記の内容を必ずお客様自分のcayenneアカウントの内容を切り替えしてくださいませ。

char username[] =

char password[] =

char clientID[] =

MQTTのusername、passwordとclientIDはcayenneサイトにログインして、Arduino UNOのConfigureページで確認できます。

配線図にDHT11センサーのDataPINとUNOボードのPIN2を接続していますので、コードでのDHTPINは2となります。

Arduino IDEにArduino Unoにボードタイプを選択して、正しいPort番号を選択して、Upload ボダンをクリックして、 Arduino UNO ボードにアップロードします。

アップロード完了したら、CayenneダッシュボードにDATAが表示できます。+をクリックして、Dashboardに追加できます。