ブログアーカイブ

Template

Description: If you want to learn how to build something cool and Internet-connected, all you need is this starter kit which will get you going with lots of parts that go very well with our service and are the most

カテゴリー: 测试

IOT example: use NodeMCU to connect two devices through internet

Objective: In this project, we will use NodeMCU boards to connect a light sensor(photoresistor) and a remote LED. When a local photoresistor detects light, NodeMCU will send signal to a remote NodeMCU through MQTT IOT protocol and turn a LED.

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

Use Arduino Serial port to talk with i2C LCD display

In this project, we will use I2C LCD working as a monitor. We can use PC serial port to send text message from PC to I2C LCD and get response from Arduino.   Osoyoo I2C 1602 LCD based on the 1602

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト

Raspberry Piボードを使って、 LCDで温湿度データを表示する

目的: 16x2 LCDとラズベリー・パイを使って、DHT11センサーを接続して、環境温度と湿度を検出し、LCDに表示するのプロジェクトです。 GPIOの知識は Raspberry Pi_GPIOピンの概要でご参照下さい。 必要なパーツ: 1 pc Raspberry Pi 2/3/zeroボード x 1 1 pc 8GB メモリーカードRaspbian OSを装着済み 1 pc DHT11温湿度センサーモジュールx 1 1 pc  I2C 1602 LCD スクリーンx 1 1 pc ブレッドボードx 1 1 pc  40ピンT型GPIO拡張ボードx1 40ピンリボンケーブルx1 ソフトウェア/ハードウェアのインストールと装着 Step 1)RPI.GPIOモジュールを対応するため、Raspbianを最新版に更新して下さい。

カテゴリー: Raspberry Pi プロジェクト, ガイド/電子ブック

Osoyoo NodeMCU IoT プログラミング学習初心者キット

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)は、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みす。 それによる社会の実現も指します。「物のインターネット」と表記された例もあります。IoTとは、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。 いったいIoTはどんな物か、IoTの魅力は何か、弊社はこの初心者向けにIoT プログラミング学習スターターキットを開発しました。IoT手創りの体験や簡単ながら実際に役立つなプロジェクトを提供しています。 IoTの基本的なアイディアと簡単なプログラミングのスキルを紹介いたします。 このキットのコアデバイスはNodeMCUボードです。 NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 物をインタネットと接続するため、非常に人気ある簡単なIoTプロトコルMQTTを使用します。MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 このキットでは、すべてのデバイスとセンサーでは詳細なDIYプロジェクトチュートリアル、明確な回路図・動画、テスト済みのサンプルコードとライブラリパッケージなどを付属していますので、お客様の時間を節約し、お客様自分のプロジェクトも簡単にデザインし出来るし、Iotの学習も上达になれます。 内容物とサンプルプロジェクト: 1 x Osoyoo NodeMCU ESP8266ボード NodeMCUプロジェクト~ 1 x Micro USB ケーブル 5 x スイッチ蓋 1 x 電池ケース (単4形乾電池4本用・電池付属していません) 1 x ブレッドボード ジャンプワイヤー 白、赤、黄、緑LED 4色各6個 サンプル プロジェクト~ 3 x 光センサー

カテゴリー: Arduino/Raspi キット, ガイド/電子ブック

MQTT IoT brokerを通じで、NodeMCUに接続済みのLEDをリモコン制御する

目的 このプロジェクトでは、制御コマンドをIoTディバイスへの送信を紹介します。サンプルディバイスはNodeMCUボードと接続済みのLEDです。NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ NodeMCU ボードx 1 LED  x 1 220 ohm 抵抗x 1 Breadboard x 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい  https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール: MQTT brokerと通信のため、ArduinoIDEにMQTT クライアントlibrary

カテゴリー: ガイド/電子ブック

NodeMCUを使って、温湿度データをMQTT IOT brokerに送信する

NodeMCUについて NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、NodeMCUを使って、DHT11温湿度センサーからの温湿度データを確認して、MQTT brokerを通じで、他のインタネット設備に送信します。MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ NodeMCU ボードx 1 DHT11 温湿度センサー x 1 Breadboard x 1 ジャンプワイヤー 配線表 NodeMCUボード DHT11 センサー 3.3v VCC D3 DATA GND Ground プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい  https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager

カテゴリー: ガイド/電子ブック

Osoyoo IOT cloud starter kit for IntoRobot NUT ESP8266 wifi chip

IntoRobot NUT is a cheap but powerful micro-controller board based on famous ESP8266MOD chip. If you are familiar with Arduino programing, you can learn NUT in no time. NUT comes with access to the IntoRobot IOT Cloud, a free cloud service which

カテゴリー: Arduino/Raspi キット

meteor frameworkを使って、webでMQTT メッセージを表示する

前回の記事で、RaspberryPiを使って、PIRモーション・センサーのデータを獲得し、MQTTのclientとして警報メッセージをMQTTブローカに送信します。今回はmeteor frameworkを使って、IoT WEBサイトをセットアップして、MQTTブローカ サーバからメッセージを申し込んで、 PIRモーション・センサーが物体の動作が検知したら、WEBページに警報メッセージを見られます。 Step 1)下記のコマンドを作動して、新しい 64-bit linux サーバにMeteor frameworkをインストールする curl https://install.meteor.com | sh Step 2) 下記のコマンドを作動して、mosquitto clientをインストールする sudo apt-get install mosquitto-clients Step 3)下記のコマンドを作動してMQTTブローカの接続をテストする sudo mosquitto_sub -h test.mosquitto.org -t "revspace/sensors/" -v スクリーンで温度、湿度などのセンサー情報が見えます。test.mosquitto.orgのmqttブローカと接続、登録済みと確定できます。 Step 4)下記のコマンドを作動して、弊社のIOT meteor ソースをダウンロードする wget http://osoyoo.com/driver/iot-test.tar.gz tar -zxvf iot-test.tar.gz cd

カテゴリー: ガイド/電子ブック

LinuxでMeteorサーバーをインストールする

Step 1:Terminalウィンドウで下記のコマンドを実行して、Meteorサーバーソフトウエアpackageをダウンロードして下さい。 curl https://install.meteor.com | sh 上記のcurl コマンドが無効の場合、下記のコマンドを実行して、curlをインストールして下さい: sudo apt-get install curl libcurl3 libcurl3-dev php5-curl Step 2:下記のコマンドを実行して、 meteor アプリケーションを生成します。 sudo meteor create your-app-name Step 3:下記のコマンドを実行して、 Meteorサーバーを起動します。 cd your-app-name meteor 次のメッセージが見えます : App running at http://localhost:3000/ Congratulations, your meteor is installed

カテゴリー: ガイド/電子ブック