ブログアーカイブ

Instruction and tutorial on how to use different parts and accessories for Arduino DIY projects

IOT example: use NodeMCU to connect two devices through internet

Objective: In this project, we will use NodeMCU boards to connect a light sensor(photoresistor) and a remote LED. When a local photoresistor detects light, NodeMCU will send signal to a remote NodeMCU through MQTT IOT protocol and turn a LED.

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

Use Arduino Serial port to talk with i2C LCD display

In this project, we will use I2C LCD working as a monitor. We can use PC serial port to send text message from PC to I2C LCD and get response from Arduino.   Osoyoo I2C 1602 LCD based on the 1602

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト

Use Arduino to drive 16 x 16 LED matrix

7

Objective In this project, we will use Arduino to drive 16 x 16 LED matrix to display motion and static graphics.   Parts 1 x  Arduino UNO 2 x 16*16 LED matrix 1 x USB cable Jumper wires Circuit Graph 

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト

NodeMCUボードを使って、タクトスイッチ信号を遠距MQTTクライアントに送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、タクトスイッチとNodeMCUボードを接続して、 タクトスイッチを押したら、"pressed" メッセージは遠隔のMQTT クライアントに送信します。タクトスイッチをはずしたら、 "not pressed"メッセージを遠隔のMQTT クライアントに送信します。NodeMCUボードは2秒1回にタクトスイッチの状態を更新します。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 タクトスイッチx 1 1K 抵抗x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール:

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードと傾斜センサーを使って、傾斜角データを遠距MQTTクライアントに送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、 NodeMCUボードと傾斜センサーを接続して、傾斜角データはNodeMCUボードのA0PINに発送して、 "OsoyooCommand"というtopicのメッセージとして、MQTT brokerに発表します。MQTT クライアントで"OsoyooCommand" というメッセージを購読して、リアルタイムの傾斜角データを獲得できます。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 傾斜センサー x 1 10K 抵抗 x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール:

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードと赤外線受信センサーを使って、 MQTT クライアントにデータを送信する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、NodeMCUボードと赤外線受信センサーを接続して、リモートコントロールにボダンを押して、受信機はIR コードを NodeMCUボードに送信します。NodeMCUボードはMQTT brokerサーバーにメッセージを発表します。 MQTT クライアントソフトウエアで同じtopicのメッセージを購読したら、brokerからメッセージを受信しできます。 必要なパーツ NodeMCUボードx 1 リモートコントロール x 1 赤外線受信センサー x 1 ブレッドボードx 1 ジャンプワイヤー 配線図   NodeMCUボード 赤外線センサー 3.3v VCC D2 OUT GND GND プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

MQTT IoT プロトコルを通じで、NodeMCUに接続済みのサーボモーターを制御する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、サーボモーターとNodeMCUボードを接続して、MQTT クライアント(スマホ app・ ブラウザ・ linux terminal プログラムなど) を使って、制御信号をNodeMCUに送信して、 サーボモーターを制御します。MQTTクライアントから「0~180」の数値を送信したら、を送信したら、サーボモーターは数値のように回転します。 「0~180」の数値ではないと、サーボモーターは応答と移動はしません。 必要なパーツ: NodeMCU ボードx 1 サーボモーターx 1 ブレッドボードx 1 5V電源アダプター x1 ジャンプワイヤー 配線図: ご注意:できるだけ、サーボモーターの給電は専門5V電源アダプターを使用して下さい(5V電源アダプターとNodeMCUボードのグランドは接続してくださいませ。) プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

MQTT IoT プロトコルを通じで、NodeMCUに接続済みのステップモーターを制御する

FRWXF7GHMMF4YR8.MEDIUM

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、ステップモーターとNodeMCUボードを接続して、MQTT クライアント(スマホ app・ ブラウザ・ linux terminal プログラムなど) を使って、制御信号をNodeMCUに送信して、ステップモーターを制御します。MQTT クライアントが「1」を送信したら、ステップモーターは時計回りに回転します。MQTTクライアントが「0」を送信したら、テップモーターは反時計回りに回転します。 ULN2003モータードライブチップを使って、NodeMCUボードとステップモーターを接続します。 ULN2003モータードライブチップについて、PDFファイルをご参照:http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2016/12/ULN2003datasheet.pdf ULN2003モータードライブチップとステップモーターを接続してくださいませ:                          必要なパーツ NodeMCU ボードx 1 ステップモーターとULN2003モータードライブチップ  x 1 ジャンプワイヤー ULN2003モータードライブチップとNodeMCUボードの接続: ご注意: できるだけ、ULN2003チップに専門の5V電源アダプター(5V電源アダプターとNodeMCUボードのグランドは接続してくださいませ。)を準備して下さい。電源アダプターがないの場合、VLN PINを使用して下さい。 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードを使って、4桁LEDでMQTT IoT メッセージを表示する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトでは、MQTT クライアント(スマホ app・ ブラウザ・ linux terminal プログラムなど) を使って、NodeMCUボードに4桁デジタルMQTTメッセージを送信します。 NodeMCUボードはこのメッセージを購読して、4桁LEDを制御して、メッセージを表示します。 MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ NodeMCU ボードx 1 4桁LED display x 1 ジャンプワイヤー 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, ガイド/電子ブック

NodeMCUボードとI2C LCDを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを表示する

NodeMCUとは NodeMCUはAP,STA,AP+STAの3つのモードが搭載している非常に人気あるマイクロコントローラです。ESP8266搭載 -Arduino IDEに完備対応し、安くて良質なチップです。ArduinoIDEに熟練者の場合、簡単にプログラムしできます。 目的 このプロジェクトではNodeMCUボードを使って、MQTT brokerからのIoTメッセージを購読して、1602 I2C LCDにメッセージを表示します。 MQTTは非常に人気あるIOTプロトコルとして、インタネットを通じで、異なるのディバイス間の通信が実現できます。デバイス間のブリッジがMQTTブローカーと呼ばれています。各ディバイスはMQTTブローカーからメッセージを簡単に申し込む(獲得)しできますし、MQTTブローカーへメッセージを簡単にパブリッシュ(送信)しできます。 必要なパーツ 必要なパーツ 数量 NodeMCU ボード 1 I2C LCD 1 ジャンプワイヤー 若干 配線図 プログラム前の準備: Arduino IDEの設定について: 次のリンクでArduinoIDEをダウンロードして下さい:https://www.arduino.cc/en/Main/Software 次のリンクの文章をご参照して、ArduinoIDEにESP8266 プラグインをインストールして下さい: http://osoyoo.com/ja/2016/10/25/how-to-use-arduino-ide-to-program-esp8266-wifi-module/ 「Arduino IDE->Tools->Board Manager menu」画面に入って、「NodeMCU (0.9 or higher)」と正しいCOM ポートを選択して下さい。 Libraryのインストール: MQTT brokerと通信のため、ArduinoIDEにMQTT

カテゴリー: Arduino部品とプロジェクト, Raspberry Pi プロジェクト

Meta