ARDUINO NANOと共に使用する。シールドにはステッピィングモーター駆動モジュール用に3個のスロットルを設け、すべてを2個のIOポートを通じてモーター制御を行える、 あたあも6個IOポートと言えます、3個のステッピングモーターの動作を制御するに扱い易く、使用に大変便利でシールドであります。

CNCシールドV4.0には幾つかのGPIO ピンが有り、別のモジュールたとえばリミットスイッチ

などを接続するのにも便利であり、また当該シールドにはI2C用インターフェイスが有り、LCD

スクリーンを接続する事が出来ます。

尚、V4.0シールドの供給電源はDC7.5Vから12Vまで、DC12Vを超さないよに

して下さい。

Overview

nano_a4988-1

ハードウエイー取付

A4988はモータードライバーとして使用、ステップを1周、半周,

1/4周、1/8周、1/16周と各分周をMS0、MS1、MS2の端子にキャップを付けることで

出力がHIGH, 付け無い場合はLOWとなり、組合により設定します、各ステップ分周にするジャンパーの組み合わせ表を参照してください

MS1 MS2 MS3 Microstep Resolution
Low Low Low Full step
High Low Low Half step
Low High Low Quarter step
High High Low Eighth step
High High High Sixteenth step

彫りの精度を上げる為、1/16分周を使用する際は MS0MS1,MS2各3か所あるピンにジャンパーを写真の様に付けてください。
F-1

上記のステッフ終了の後、A49888モータードライバーとARDUINO NANOをCNC

Shield V4.0に差し込み取付が必要です、A4988とNANOを正しい取付方向を確かめて

ください、さもないとデイバイが焼損するかもしれません。

下の写真を参照。

nano_a4988-11

其の他の装置(リミットスイッチ、レザーヘッドなど)は実際の状況に合わせて

取付を行ってください。

 

ソフトウエアーの書き込み

1grblmain libraryのインストールとプログラムの書き込み、

   grblmain zip フアィルをダウンロード、解凍して、そのあとgrblmainフォルダーの中にあるconfig.hフアイルをhttps://osoyoo.com/wp-content/uploads/2017/04/config.h

config.hフアイルに入替えを行い、ARDUINO IDE  installationデレクトリの中の

librariesにこのgrblmainフオルダを置く。

そして Arduino IDEを開き File->Examples->grblmain->GRBLtoArduinoのフォルダー順で

grblのサンプルプログラム開き 画面上の「ツール」を開きポート(COM?)とArduino nanoボードタイプを選択してから、[スケッチ]を開き、このgrblプログラムをNANO に書き込みを行なってください。

2 )Grblコントローラーのインストール

Grbl Controllerコードをダウンロード、インストールしてから開いてください。

インターフェスは下図を参照

grblcontroller361 (2)

PCとNANOをUSBケーブルで接続して、NANOのポート番号とシリアル通信

速度9600を選択, [OPEN]をクリック、もし接続していれ”CLOSE/RESET”を表示、

バック画面は赤色になります、そして[CHOOSE FILE]をクリックして彫りたい図柄のフアイル選び、その後 彫る為に「Begin」をクリックします。