目的:

このプロジェクトでは、Raspberry Pi2ボードを使って、U-BLOX NEO-6M GPS
モジュールを作動して、緯度、経度、高度、速度などの情報を確認します。U-BLOX NEO-6M GPS
モジュールはPi3ボードに作動できませんので、ご注意下さい。U-BLOX NEO-6M GPSモジュールの情報は次のリンクでの文章をご参照~ https://osoyoo.com/ja/2016/10/25/use-mega2560-to-drive-gps//

配線図

Raspberry Piボード GPS モジュール
3.3V VCC
GND GND
GPIO15 (RXD) TXD
GPIO14 (TXD) RXD

Raspberry Pi GPIOmap

 

Raspberry Pi terminal windowに下記のコマンドを作動して、「minicom」をインストールします:

sudo apt-get -y install minicom

2) ブートメッセージをブロックする
GPSモジュールはシリアルCOMポート使用のため、Raspberry Piからデバッグ情報の送信は遮断必要です。

sudo vim.tiny /boot/cmdline.txt

または

sudo nano.tiny /boot/cmdline.txt

dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 kgdboc=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline rootwait」✖ 

上記のデータが下記の内容を切り替えして、保存して下さい。

「dwc_otg.lpm_enable=0 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline rootwait」

下記のコマンドを作動して、inittabを編集して下さい。

sudo vim.tiny /etc/inittab

「T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200 vt100」✖

上記のデータが下記の内容を切り替えして、保存して下さい。

「#T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200
vt100」

4)Restart Pi再起動する

sudo  reboot

5) 下記のコマンドを作動する

minicom -b 9600 -o -D /dev/ttyAMA0

今からGPS情報が表示できます。