概要

Arduinoのライブラリは、あらかじめIDEに付属する標準のライブラリと、コミュニティーのメンバーから寄稿されたライブラリの2種類があります。寄稿されたものはユーザーが個々にダウンロードしてインストールする必要があります。

ライブラリとは

ライブラリは、センサ、ディスプレイ、モジュールなどに簡単に接続できるコードの集合です。たとえば、ビルトインLiquidCrystalライブラリを使用すると、キャラクタのLCDディスプレイと簡単に会話することができます。 インターネットで利用可能な数百のライブラリがダウンロードできます。 参考リストはこちらです。ビルトインライブラリを使用の場合、、それらをインストールする必要があります。

ライブラリのインストール

ライブラリ・マネージャーでインストール

zipファイルでインストール

git コマンドでインストール

Arduinoのライブラリのインストール先

ライブラリ・インストール後のArduino再起動

ライブラリのアンインストール

ライブラリの更新

更新したいライブラリのフォルダーで、以下のコマンドを実行する

$ git pull

有用なリンク