からから 英国から DEから ITから FRから ESから JPから

                                   編集中*************

*目的

Ardiono用OSOYOO  1602 I2Cモジュール

ArduinoをI2Cプロトコルを使用する方法について、Arduinoプロジェクトを作成するとき、外部LCDディスプレイにテキスト文字列を送信する必要があることがよくあります。このレッスンでは、I2C通信プロトコルをプログラムする方法と、I2CプロトコルによってArduinoからLCDに表示テキストを送信する方法を示します。

However, these displays have a small problem. When they are connected to a micro-controller (such as Arduino for example), these displays require virtually many connection PINs occupying practically almost all available IO and leaving the multiprocessor few outputs for any other devices and sensors. This problem has been solved thanks to the communication on the I2C bus.

しかし、これらのディスプレイには少し問題があります。Arduinoなどのマイクロコントローラーに接続する場合、これらのディスプレイは実際に接続する多くのピンを必要とします、UNOの使用可能なIOポートのほとんどを占有してしまうため、マルチプロセッサーには他のデバイスやセンサー用の出力ポートがほとんど残されていません。この問題をI2Cバス通信が解決しました。

 

The LCD1602 display has an integrated microchip that manages this type of communication, and then all of the input and output information are limited to only two PINs (excluding power supply). I2C is a type of serial bus developed by Philips, which uses two bidirectional lines, called SDA (Serial Data Line) and SCL (Serial Clock Line). Both must be connected via pulled-up resistors. The usage voltages are standard as 5V and 3.3V.

The blue potentiometer on the I2C LCD1602 is used to adjust the backlight  for better display.And there is a jumper on the board, if you take away this jumper , the backlight will always be off.

For the usage of other functions, please refer to the “LiquidCrystal_I2C.h” in the sourc ecode of I2C LCD library.

LCD1602ディスプレイには、この通信を管理するマイクロチップが内蔵されており、すべての入出力情報は2つのピンのみに限り(電源用ピンを除く)。I2Cはフィリップス社が開発したシリアル通信の一種です、SDA(シリアルデーターライン)とSCL(シリアルクロックライン)と呼ばれる2本の双方向性ラインを使用する。どちらもプルアップ抵抗を介して接続する必要があります。使用電圧は5Vと3.3Vが標準です。

I2C LCD1602の青色のポテンショメータは、表示用バックライトを調整に使い、この基板にはジャンパーが有り、

もし外していると、バックライトはオフのままになります。

尚他の機能の使い方については、”I2C LCD”ライブラリの”LiquidCrystal_I2C.h”を参照してください。

 

 

First, please plug Osoyoo Magic I/O shield into UNO board:

まず、Osoyoo Magic I / OシールドをUNOボードに接続してください。

Then connect the I2C LCD 1602 Display module to the I2C port of the Magic I/O shield (please move the switch on the board to 5V) with a 4-pin PNP cable as below

次に、I2C LCD1602ディスプレイモジュールを次のように4ピンPNPケーブルでMagicI / OシールドI2Cポートに接続します(ボード上のスイッチを5Vに変更してください)

Notice: Shut off your battery or Unplug your power adapter when upload sketch code to Arduino.

After above operations are completed, connect the Arduino board to your computer using the USB cable. The green power LED (labelled PWR) should go on.

Open the Graphical Programming software Mixly, iMixly is not English, you should change the language first:

注意:スケッチコードをArduinoにアップロードするときは、バッテリーをオフにするか、電源アダプターを抜いてください。

上記の操作が完了したら、USBケーブルを使用してArduinoボードをコンピューターに接続します。緑色の電源LED(PWRのラベルが付いています)が点灯するはずです。

グラフィカルプログラミングソフトウェア Mixlyを開き、もしMixly画面表示が英語ではない場合、まずは言語設定を

変更してください。

コードを直接ダウンロードしてからMixlyの[開く]をクリックしてダウンロードするコードを選択します。

コードをダウンロードする

または、次の操作を実行できます。

  1. コントロール」ブロックをクリックします。
  2. セットアップ」を空白スペースにドラッグします
  3. 「モニター」ブロックをクリックします。
  4. セットアップ」ブロックの下にある「LCDセットアップ」をドラッグし、2つのブロックを合わせます。

  1. 「モニター」ブロックをクリックします。
  2. LCDmylcdprint line」ブロックを空白スペースにドラッグし、「printline1」を「Hello」に、「printline2」を「World」に編集します。
  3. コントロール」ブロックをクリックします。
  4. LCDmylcdprint line」ブロックをドラッグし、2つのブロックを合わせます。
  5. 「モニター」ブロックをクリックします。
  6. ”Delay”ブロックを”LCDmylcd”printラインの下に、2つのブロックを合わせ。

Then right click to duplicate the blocks, and fit them:

次に、右クリックしてブロックをコピー、それらを合わせます。

The whole program blocks are as following:

プログラムブロック全体は次のとおりです。

After above operations are completed, do as follows:

上記の操作が完了したら、次のようにします。

  1. プログラミングが完了したら、[保存]をクリックします。
  2. アップロードする前に、ボードタイプとシリアルポートを選択してくださいUNOボードをインストールするには、Arduinoの/ GenuinoのUNOを選択します.Mega2560を使用している場合は、Arduinoの/ GenuinoMegaまたはMega2560を選択します。
  3. COMメニューからArduinoのボードのシリアルデバイスを選択します。これはCOM3以上であてる可能性があのりますCOM1およびCOM2通常、ハードウェアのシリアルポート用に予約されています)。調べるには、Arduinoボードを取り外して、メニューを再度開きます。先のエントリしていたArduinoボードが消えています。UNOボードを再接続し、その正しいシリアルポートを選択します。
  4. アップロード:アップロードします。アップロードに失敗した場合は、プロンプトに従ってコードを確認して修正します
  5. 最後に、ステータスの表示が「アップロード成功!」に変わります。

アップロードが終了してから数秒後、I2C LCD1602の画面に「Hello World」の文字が表示されます。次に、LCDが画面がクリアされ、また「Hello World」と再表示が繰り返えされます。