このレッスンを通して、Arduino内蔵のLEDの点滅をコントロールするプログラムを組めるようになります。

「’L’ LED」とは

Arduino UNO ボードの両側には数列のコネクタがあって、電子バイスや「Shields」プラグイン を連続し、エクストラの機能((i.e wifi、ブルートゥースなど)もを提供できます。それにArduinoにはLEDライトが内蔵して、「’L’ LED」と言われます。スケッチでこの「’L’ LED」がコントロールでき、デフォルトではUNO ボードのD13 pinと連続します。

上記の図の表示する位置には「’L’ LED」が内蔵、13番ピンに接続されていします。

注意:本レッスンにはいろいろな知識が必要となります、必ず前の予備課程や「Hello World」のプログラムを習得してください。
良質なSYNCケーブルをご用意してください、「Chargenly」 (充電専用USBケーブル)の使用はできません。予めご了承ください。

USBケーブルでArduinoボードとPCを連続します。緑色LED (PWR” 標記) 点灯します。

プログラム作成

Wixlyグラフィカルプログラミングソフトウェアを開き、まず使用言語が英語でない場合は変更する必要があります。

「Mixly 」
を開いてください。メニュー「In/Out」でDigitalWrite モジュールを見つけて 、ワンクリックしてブランクにドラッグします。
下記のようにPIN番号  13 を選択して、設定値を HIGHにします。

それで、下記の図を参考し 「Delay block」 をブランクにドラッグして、ディレー値をデフォルト値の 1000 msにしから。 「Delay block」「Delay blockDigitalWrite」 の下にドラッグして、二つのブロックを埋め込めあいなってください。

In/Out でもう1つの 「DigitalWrite」 ブロックをブランクにブラッグし、PIN# 13 それに、Stat値を LOWに設定してください。

もう1つの Delay ブロックをブラックにブラッグて、ディレータイマーをデフォルト1000 msを利用してください。

 

これでグラフプログラムの作成は全て完成!この4つのブロックはPin 13に「high/low」の電源を供給、ループ回路になり、LEDが点滅します 。

プログラムを完成した後「Save」 をクリックして保存します。

右の「<O」ボタンをクリックして、随時にArduinoコード(C言語)がチェックでき、このコードはArduino IDEにも適用しています。Arduino IDEを使ってC言語コードの作成方法の詳細についてはhttps://osoyoo.com/2017/05/08/download-and-install-arduino-ide/ をご覧ください。

 

 

Ⅰ、アップロードする前に、まず、ボードタイプやシリアルポートを選びましょう。本レッスンでは使ったのはArduino  Unoボードなので、下記にように①で「Arduino / Genuino Uno」を選びます。

Ⅱ、下記の② COM でArduinoのシリアルポートを選びます。

Ⅲ、コードをアップロードしましょう、アップロード失敗だったら、COMポート設置、ケーブル連続とボートタイプの設置を検査して、全ての設置が正確したから、改めて試してみます。

 

Ⅳ、何にも問題がない場合、下記の④のように




続いて、LED の点滅をより速くになってみません。どうやったらいいのか、一緒に考えよう。そう、  「Delay」  ブロックの数値を変えて、これを実現できます。

ディレータイマの単位はミリ秒で、LEDの点滅速度を今の2倍にするには、上記のようにDelayを設定値を1000から500に変更します。
そして再度をコードをアップロードし直しすると、 LEDが前より速く点滅するのが見られます。

ここでは、DigitalWriteブロックとDelayブロックという2つの非常に一般的なモジュールブロックの使い方を確認できます。

DigitalWriteブロックにより、Arduinoはデジタル信号(電圧)を出力回路に送信できます– 0および1:

0は、出力電圧レベルがLOWであることを意味します。
1は出力電圧レベルがHIGHであることを意味します。

遅延ブロックは非常に単純で、Arduinoに特定の期間現在のステータスを維持させるだけです。

ここで、上記の4つのブロックの機能を詳細に説明できます
。システムは、ピン13にHIGH電圧を送信する最初のブロック(DigitalWrite)から始まります。ピン13は内蔵LEDに接続されています。したがって、LEDがオンになります。

次の2番目のブロック(DELAY)は1000ms(1秒)前の状態を維持するので、LEDは1秒間点灯し続けます。

次の3番目のブロックは別のDigitalWriteです。 ただし、今回は、1を送信する代わりに、このブロックは値ゼロ(LOW電圧)をピン13に送信します。

最後のブロックは再びDELAYであり、現在のステータス(ピン13の低電圧)を1秒間保持します。これは、LEDのオフ状態が1秒間続くことを意味します。

これですべてのプログラムブロックが実行されました。次は何ですか?LEDは永久にオフにする必要がありますか?

答えはいいえです!最後のブロックが実行された後、システムは最初に戻り、すべてのブロックを何度も実行します。(Arduino IDEでは、Mixlyブロックに関連するすべてのコードは実際にはloop()と呼ばれる関数内にあります。

これは、Arduinoの電源がオンになっている限り永久に実行される無限のデッドループです。

したがって、最後のブロックでLEDが1秒間オフになった後、最初のDigitalWrite ブロックでArduinoピン13が再びHIGHになり、LEDが何度も点滅を繰り返します。

これで、この簡単なLED点滅プロジェクトが完了しました。MixlyがArduinoでどのように機能するかについての基本的なアイデアがあることを願っています。次のレッスンに進んで、Arduinoプログラミングに関する新しいトピックを調べてみましょう。