このレッスンを通して、Arduino内蔵のLEDの点滅をコントロールするプログラムを組めるようになります。

「’L’ LED」とは

Arduino UNO ボードの両側には数列のコネクタがあって、電子バイスや「Shields」プラグイン を連続し、エクストラの機能((i.e wifi、ブルートゥースなど)もを提供できます。それにArduinoにはLEDライトが内蔵して、「’L’ LED」と言われます。スケッチでこの「’L’ LED」がコントロールでき、デフォルトではUNO ボードのD13 pinと連続します。

上記の図の表示する位置には「’L’ LED」が内蔵します。

注意:本レッスンにはいろいろな知識が必要なので、必ず前の予備課程や「Hello World」を修了してください。
良質なSYNCケーブルをご用意してください、「Chargenly」 (充電しかできない)のはいけません。予めご了承ください。

USBケーブルでArduinoボードとPCを連続します。緑のLED (PWR” 標記) 点灯します。

プログラム作成

「Mixly 」
を開いてください。メニュー「In/Out」でDigitalWrite モジュールを見つけて 、ワンクリックしてブランクにドラッグします。
下記のようにPIN #が  13 を選択して、Stat値が HIGHにします。

それで、下記の図を参考し 「Delay block」 をブランクにドラッグして、ディレー値をデフォルト値の 1000 msにしから。 「Delay block」「Delay blockDigitalWrite」 の下にドラッグして、二つのブロックを埋め込めあいなってください。

In/Out でもう1つの 「DigitalWrite」 ブロックをブランクにブラッグし、PIN# 13 それに、Stat値を LOWに設定してください。

もう1つの Delay ブロックをブラックにブラッグて、ディレータイマーをデフォルト1000 msを利用してください。

 

それでグラフプログラムの作成全て完成!この4つのブロックはPin 13に「high/low」電源を提供し、ループ回路になります、LEDを点滅します 。

プログラムを完成した後「Save」 をクリックして保存します。

右の「<O」ボタンをクリックして、随時にArduinoコード(C言語)がチェックでき、このコードはArduino IDEにも適用しています。Arduino IDEを使ってC言語コードの作成方法の詳細についてはhttps://osoyoo.com/2017/05/08/download-and-install-arduino-ide/ をご覧ください。

 

 

Ⅰ、アップロードする前に、まず、ボードタイプやシリアルポートを選びましょう。本レッスンでは使ったのはArduino  Unoボードなので、下記にように①で「Arduino / Genuino Uno」を選びます。

Ⅱ、下記の② COM でArduinoのシリアルポートを選びます。

Ⅲ、コードをアップロードしましょう、アップロード失敗だったら、COMポート設置、ケーブル連続とボートタイプの設置を検査して、全ての設置が正確したから、改めて試してみます。

 

Ⅳ、何にも問題がない場合、下記の④のように




続いて、LED の点滅をより速くになってみません。どうやったらいいのか、一緒に考えよう。そう、  「Delay」  ブロックの数値を変えて、これを実現できます。

ディレータイマの単位はミリ秒で、LEDの点滅速度は現在の2倍になりたかったら、上記のようにDelayを1000から500に変更します。
再び新たなコードをアップロードしたから、 LEDが前より速い点滅が見られます。

Here, we see two very common module blocks – DigitalWrite Block and Delay Block.

DigitalWrite block lets Arduino send digital signals(voltage) to the output circuit – 0 and 1:
0 means the output voltage level is LOW;
1 means the output voltage level is HIGH.

Delay block is very straight forward, it just makes Arduino keep current status for a specific time period.

Now we can explain the function of above four blocks in detail:
The system starts with the first block( DigitalWrite) which sends a HIGH voltage to pin 13. Pin 13 is connected to a build-in LED. therefore the LED is turned on.

The 2nd block(DELAY) keeps previous status for 1000ms(one second), so the LED keeps turning on for 1 second.

The 3rd block is another DigitalWrite. But this time , instead of sending 1, this block sends value zero (LOW voltage) to Pin 13.
The last block is DELAY again, it will keep current status(Low voltage in Pin 13) for 1 second. This means our LED’s OFF status will last for 1 second.

Now all the program blocks have been executed, What will be next? Should the LED be OFF forever?
The answer is NO! After the last block is executed, the system will back to the very beginning and run all the blocks again and again. (In Arduino IDE, all the code related to Mixly blocks are actually in a function called loop(). This is an endless dead loop which will run forever as long as the Arduino power is on.

So after the LED is turned off for one second by the last block, Arduino Pin 13 is turned on to HIGH again by first DigitalWrite Block which makes the LED flashing again and again.

Now you have completed this simple LED flashing project. We hope have got some basic idesa on how Mixly works on Arduino. Let’s go to next lesson to explore new topics on Arduino programming.