米国から購入 英国から購入 ドイツから購入 イタリアから購入 フランスから購入 スペインから購入 日本から購入

 


まず、ESP8266Wi-FiシールドをUNOボードに装着してください

ジャンパーキャップがE_TXをD4に、E_RXをD5に接続していることを確認してください。

 

 

UNO Board Buzzer
D9 I/O
GND GND
5V VCC

ステップA)最新のArduino IDEをインストールします(1.1.16以降のバージョンのArduino IDEを使用している場合は、このステップをスキップしてください)。https://www.arduino.cc/en/Main/Software?setlang=enからArduinoIDEをダウンロードし、ソフトウェアをインストールします。

ステップB) USBケーブルを介してArduinoUNOボードをコンピューターに接続します。

ステップC) Arduino IDEを開き、プロジェクトに対応するボードタイプとポートタイプを選択します。

ステップD) 

ケッチファイルをhttps://osoyoo.com/driver/Esp8266_Arduino_IOT/lesson12/esp8266-lesson12.zipからダウンロードします。
上記のファイルを解凍すると、「esp8266-lesson12」フォルダーが表示されます。このフォルダーに入ると、次のようになります。 2つのサブフォルダー(ブザーとモーションセンサー)を参照してください。

buzzerフォルダーに入り、buzzer.inoファイルをダブルクリックして、次の行を見つけます。

char ssid[] = "******"; // your network SSID (name)
char pass[] = "******"; // your network password
正しいSSIDとパスワードに置き換えてください。そうしないと、プロジェクトがインターネットに接続ないとできません。

 

ステップE) 上記の行変更した後、スケッチをArduinoIDEにロードします。

 

バイトremoteIp [] = {192,168,50,31}; //…次に、motionsensor.inoファイルをコンパイルしてArduinoにアップロードできます。


テスト結果:

ESP8266シールドとArduinoボードの両方の電源をオンにします。モーションセンサーの前で手を動かすと、リモートブザーが鳴ります。