1.ご注意
2.ご紹介
3.特長
4.仕様
5.使用方法
5.1必要なパーツ
5.2使い方
6.上手な使いかた
6.1仮想解像度を変更する方法
6.2画面を回転する方法
6.3明るさを調整する方法

1. ご注意

2. はじめに

7インチLCDディスプレイは、DSIコネクタを介してラズベリーパイに接続します。ドライバをインストールする必要はなく自動で設定されます。LCDディスプレイの物理解像度は800×480です。

3. 機能

4. 仕様

項目 単位 最小 タイプ 最大
サイズ cm 16.5×12.2
物理解像度 800×480
周波数 HZ 60
定格出力 mw 600 800 980
バックライト電源 mw 550 750 920
メインチップ mw 40 45 60
伝送距離 cm 10 60+

5. 使い方

5.1 必要な部品

以下の部品が必要になります。

5.3 使うための初期設定

7インチDSIタッチスクリーンはRaspbian、Ubuntu MATE、Snappy Ubuntu Core、OSMC、Windows10 IOT CoreなどのIMGシステムをサポートしています。

①下記URLからラズベリーパイの公式ウェブサイトからイメージ化されたOSをダウンロードしてください。

https://www.raspberrypi.org/downloads/

②ダウンロードしたデータを解凍します。

③カードリーダーにSDカードを挿入し、コンピューターに接続したら、OSイメージを書き込んでいきます。書き込み方法はファイルとSDカードを選択して「書き込み」をクリックします。

書き込みツールは下記URLからダウンロードしてください。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

④ラズベリーパイボードにSDカードを挿入し、以下のように5インチDSIタッチスクリーンを組み立てます。

⑤電源を入れてシステムが起動するのを待ちます(注:電源が入っているときや手に静電気が帯電しているときは、ラズベリーパイボードに触れないでください)。起動したら下記画像のような画面が表示されるので、表示されたら初期設定は完了です。

6. 高度な設定

6.1 解像度を調整する方法

物理的な解像度は800×480ですが、解像度形式は800×480から1920×1080まで調整できます。OSシステムをインストールしたmicro SDカードを開き、Notepad ++で “/boot/config.txt”を開き、以下の行を見つけます。

1920×1080にする場合、以下のように調整してこのファイルを保存してください。

framebuffer_width=1920

framebuffer_height=1080

6.2 ディスプレイ表示の向きを調整する方法

LCDディスプレイには最適な視野角があるので、場合によっては表示の向きを変更する必要があります。Raspberry Piのデフォルト設定では、標準表示に設定されていますので、仮にモニター本体を上下逆さまにして用いる必要があるなら、見やすいようにシステム上で画面の表示を調整する必要があります。

ディスプレイを反転するには、ファイル\ boot \ config.txtのどこかに次の行を追加します。

display_rotate=2

lcd_rotate=2

ディスプレイ本体の向きに合わせて、LCDタッチスクリーンが上下に反転し補正されます。

rotate=1 表示画面を90°回転する
rotate=2  表示画面を180°回転する
rotate=3  表示画面を270°回転する
rotate=0x10000   表示画面を水平反転する
rotate=0x20000   表示画面を垂直反転する

明るさを調整する方法

次の設定はRaspbianに基づいています

(1)ターミナルで下記のコマンドを実行して、ユーザー権限rootにを切り替えます。

sudo su root

(2) ターミナルで次のコマンドを実行して、ディスプレイの輝度を調整します(輝度値100を0から255までの任意の数値に変更してきます)

echo 100 > /sys/class/backlight/rpi_backlight/brightness

詳しくは次の文章へどうぞ~ https://elinux.org/RPiconfig

ソフトキーボード(Raspbian 対応)のインストールについては、下記の文章をご覧ください: https://osoyoo.com/ja/2019/04/09/osoyoo-7inch-hdmi-touchscreen-keyboard-matchbox-keyboard/