認定オンライン小売業者

アメリカのアマゾンから購入する イギリスのアマゾンから購入する ドイツのアマゾンから購入する イタリアのアマゾンから購入する フランスのアマゾンから購入する スペインのアマゾンから購入する 日本のアマゾンから購入する

目的

このレッスンでは、赤外線リモコンを使って、車体を前進、後退、左折、右折といったラジコン操作を行います。

部品など各機器

各機器の設置と接続
ステップ1:  レッスン2以降の内容は、全てレッスン1における車体の完成が必要になりますので、まずレッスン1を完成させましょう。
ステップ2:  赤外線受信機を2本のM2.5*10プラスチックネジ、ナット、六角柱を使用して、上部シャーシの前面に取り付けます。

ステップ3:  下記図のように、5VをVCC端子に、D10をS端子に、GNDを-/GND端子に接続します (レッスン1で接続した配線はそのまま使用するので、外さないようにしてください) 。


プログラムをインストール:

オープンソースのソフトウェア
Arduino (IDE)
ここにArduino IDEをダウンロードできます
https://www.arduino.cc/en/Main/Software?setlang=ja
7 zipは無料の圧縮・解凍ソフト
zipファイルなど解凍できますs
こちらから無料でダウンロードできます
https://sevenzip.osdn.jp/

ステップ1:  最新版のArduino IDEをインストールします(1.1.16以降のArduino IDEバージョンをお持ちの場合は、このステップを飛ばしてください)。
ダウンロードは https://www.arduino.cc/en/Main/Software?setlang=ja

ステップ2:  Arduino IDEにIRremoteライブラリをインストールします(既にライブラリをインストールしている場合は、ステップ2の手順を省いてください)。
ライブラリは https://osoyoo.com/wp-content/uploads/samplecode/IRremote.zip の中のIRremoteライブラリをダウンロードしたら、Arduino IDEにライブラリを追加手順は(Arduino IDEを開く – >スケッチ – >ライブラリを含める – > .zipライブラリを追加)。

ステップ3: レッスン2のソースをダウンロードします。https://osoyoo.com/driver/v2smartcar-lesson2.zip からソースをダウンロードするとzipファイルなので、解凍するとsmartcar-lesson2というフォルダが表示されます。

ステップ4:  UNOボードとPCをUSBケーブルで接続し、Arduino IDEを開きます。開いたらファイルをクリック – >開くをクリック – > smartcar-lesson2フォルダ内のコード「v2smartcar-lesson2.ino」を選択し、ソースコードをarduinoにロードします。

ステップ5: プロジェクトに対応するボードとポートを選択し、スケッチ(ソース)をアップロードします。

動作テスト
赤外線リモコンのボタンを押して、以下の指示表に従ってラジコン操作をします。

トラブルシューティング:

一部のお客様は、このIRリモートが機能しないことを発見しました。 その理由は、IRリモートがサンプルコードと一致しない異なるボタンコードを送信するためです。 この問題を解決するために。 次の手順に従ってください:
Step A) IRリモートの各ボタンのIRコードを取得します。
次のリンクからコードをコピーします:https://osoyoo.com/wp-content/uploads/samplecode/irdemo.zip

上記のスケッチをArduinoIDEにアップロードし、右上隅にあるシリアルモニターを開きます。

リモコンの「▲」「▼」「>」「<」「OK」ボタンを押すと、次の画像のようにIRコードが表示されます:

「▲」「▼」「>」「<」「OK」ボタンを対応しているIRコードを書き留めます。

 STEP B)レッスン2のスケッチファイルのIRコードを置き換える:
レッスン2のコードを開くと、次の行で各ボタンのIRコードが定義されています:
 #define IR_ADVANCE       0x00FF18E7       //code from IR controller “▲” button
 #define IR_BACK          0x00FF4AB5       //code from IR controller “▼” button
 #define IR_RIGHT         0x00FF5AA5       //code from IR controller “>” button
 #define IR_LEFT          0x00FF10EF       //code from IR controller “<" button
 #define IR_STOP          0x00FF38C7       //code from IR controller “OK” button
 #define IR_turnsmallleft 0x00FFB04F       //code from IR controller “#” button
上記の行の各ボタンの値を、 Step A). から獲得したのコードを変更してください。変更方法がわからない場合は、メールを送信して、 Step A))の各ボタンのコードをお知らせください。コードを変更し、新しいスケッチファイルをメールでお送りします。
上記の方法では、他のIR送信デバイス(テレビのリモコン、DVDのリモコン、エアコンのリモコンなど)を使用して車を制御することもできます。 Step A) を使用してリモコンのキーコードを取得し、 Step B) でスケッチファイルを変更するだけで機能します。
Above method can also allow you to use other IR sending device (i.e TV remote, DVD remote, air conditioner remote etc) to control the car. Just use Step A) to get the key code of your remote and change the sketch file in Step B), it will work.