BBC micro:bitボード x 1

OSOYOO RGBモジュール x 1

OSOYOO 4-pin PnPケーブル x 1

OSOYOO micro:bit用Plug&Play( PnP ) ボード x 1



図のように、4-pin PnP ケーブルでRGB モジュールとOSOYOO PnP ボード を接続してください。

Step 0: ウェブサイト https://makecode.microbit.org,にアクセスして、 新しいプロジェクト を作成してください。

Step 1. カテゴリ LEDーその他 にある  LED表示を有効にする 偽 ブロックを最初だけ ブロックにおいてください。

Step 2.  最初だけ ブロックの中に アナログで出力端子 P0 値 1023 ブロックを置いて、端子P0を P2,に変更して、出力値は1023でいいです。

Step 3. アナログで出力する端子 ブロックを右クリックして、2つの同じブロックを複製してから、 最初だけ ブロックの中に置いてください。複製したブロックの出力端子を P1P0 に変更させます。ここのP0、P1、P2はRGB LEDにある赤、青、緑のLED端子と対応します。出力値を同じ1023に設置して、3つのLEDの光が適当な割合で混ざって、人眼ではRGB LEDは白く点灯していると見えます。

Step 4.  ずっと ブロックの中に.アナログで出力端子 P0 値 1023  ブロックを置いて、出力値は1023から 0 に変更してください。P0は「R」つまり赤のLEDと対応しますから、出力値を0になりますと、赤のLEDが消灯して、RGB LEDが水色(青と緑)で点灯すると見えます。
これからも、3つのを順番に消灯して、他の2つのLEDの混ざる光を表現します。


Step 5.  ずっと ブロックの中に、  一時停止(ミリ秒) ブロックを置いて、停止秒数は 100 から 1000 に変更してください。

Step 6. 図のように新しい アナログで出力する端子ブロック5個と一時停止(ミリ秒) ブロック3個を複製して、端子と出力値を図のように変更してください。 Step4、5と同じ、ここはP0=1023(赤点灯)、P1=0(緑消灯)と変更すると、RGB LED紫色(赤と青)で点灯すると見え、そして、P1=1023(緑点灯)、P2=0(青消灯)でRGB LED黄色(赤と緑)で点灯すると見えます。最後は、またP2の出力値を1023に変更してStep3と同じ、3つのLEDを同時に点灯することになりますので、RGB LED白く点灯と見えます。

Step 7.  ずっと ブロックの中に、くりかえし4回 ブロックを置いて、繰り返す回数を4から 1に変更してください。

Step 8.カテゴリループの中にある変数カウンターを0から4に変えてくりかえすブロックをくりかえす1回 ブロックの中においてから、カウンター を右クリックして変数の名前をインデックスに変更します。それに変数の範囲も「0から4に」から0から513に変更してください。ここでは、3つの端子の出力値を変数で変えて、いろいろな色を表現します。

Step 9.  変数インデックスを0から513に変えてくりかえす ブロックの中に、 アナログで出力する端子P0値1023ブロックを置いください。

Step 10.  変数ーインデックスブロックを 
アナログで出力する端子P0値1023 ブロックの中において、出力値を1023からインデックス に変更してください。これで、P0の出力値は0から513まで変えて繰り返します。

Step 11.  変数インデックスを0から513に変えてくりかえすブロックの中に アナログで出力する端子P0値1023 ブロックを置いてください。

Step 12. まずは、さき置いたブロックの出力端子をP0からP1に変更してから、 カテゴリ計算の中にある 引き算のブロックを出力値1023のなかにおいてください、図のように アナログで出力する端子P1値1023-0 になります。

Step 13. 変数ーインデックスを0と交換、 1023-0 1023-インデックス に変えてください。

Step 14. アナログで出力する端子P1値1023-インデックスブロックを複製して、 変数インデックスを0から513に変えてくりかえす ブロックの中に置いたから。出力端子を p2  、出力値を512-インデックス を変更してください。


Step 15 変数インデックスを0から513に変えてくりかえすブロックの中に一時停止(ミリ秒) ブロックを置いて、停止時間は 1 に変更してください。

Step 16. Step 8 ~15を繰り返して、出力値は図のように変更してください。 Step8~16は変数を使って、端子の出力電圧を変えて繰り返します、RGB LEDを複数の色で点灯します。


Step 17:  アナログで出力する端子P0値1023 ブロックをずっと ブロックの中において、端子をP0から P2に変更してください。

Step 18. Step17アナログ ブロックを2個複製して、図のように置いてから、端子を P1P0 を変更してください。

Step 19.今まで一番複雑なプロジェクトを完成しました、おめでとう。このプロジェクトの.hexファイルをダウンロードしてから、MICROBIT にコピーしてください。

完全版のコードはこちらにもあります、参考してください。

>