図のように

OSOYOO 3-pin PnPケーブルで緑のLEDとOSOYOO PnPボードの forP0を接続 ;

OSOYOO 3-pin PnPケーブルで黄のLEDとOSOYOO PnPボードの forP1を接続 ;

OSOYOO 3-pin PnPケーブルで赤のLEDとOSOYOO PnPボードの forP2を接続 ;


Step 0: ウェブサイト: https://makecode.microbit.orgにアクセスして、新しいプロジェクト をクリックしてください。交通信号のプロジェクトを作りましょう。

Step 1:   カテゴリー入出力端子をクリックして、 その中にいる
出力端子P0値0 ブロックをずっとブロックを置いて、出力値を0から 1に変更してください(0:出力停止、1:出力する) 。P0に接続した緑のLEDが点灯します。

Step 2. ずっと ブロックの中に 一時停止 (ミリ秒) ブロックを置いて、停止ミリ秒数は100から 5000に変更してください。これはP0の出力を5000ミリ秒=5秒間を続け、すなわち、P0に接続した緑のLEDが5秒間点灯します。

Step 3. カテゴリ ループ の中にあるくりかえし 4 回 ブロックを,  ずっと ブロックに置いてください。この「くりかえし」ブロックに置くブロックは回数によって繰り返します。これから、私たちは「くりかえし」ブロックの中にいくつかのブロックを置いて、赤信号が点灯する前、緑信号が点滅しているのを模擬します。

Step 4くりかえし 4 回 ブロックの中に デジタル端子 P0値0 ブロックを置いて、P0の出力値を0から 1 を変更してください。

Step 5. くりかえし 4 回 の中に 一時停止 (ミリ秒) ブロックを置いて、停止ミリ秒数を100から 500に変更してください。

Step 6. デジタル端子P0 値 1 ブロックと  一時停止(ミリ秒)500 ブロックを複製して、複製したブロックを くりかえし4回 ブロックの中において、P0出力値を0に変更してください。
これで、P0 500ミリ秒=0.5秒間で出力→0.5秒間で出力停止を4回繰り返します、緑のLEDが点灯ー消灯で点滅していると見えます。


Step 7. くりかえし4回 ブロックを右クリックして、「くりかえし」全体を複製してください(一つ一つで複製するのが不要で、全体で複製できます)。複製したブロックをずっと ブロックlの中に置いてから、回数の4と出力端子のP0を3とP1に変更してください。P1と接続したのは黄のLEDですので、P1が0.5秒間出力→0.5秒間出力停止を3回り返す結果、黄のLEDが3回点滅すると見えます。

Step 8.黄信号が点滅したから、最後は赤信号の番ですよ、どうしたらいいかもう分かりますでしょう、前と同じ デジタル出力端子P0 値 0 ブロックを ずっと の中に置いて、赤LEDと接続するのがP2ですから、出力端子をP0から P2に変更して、それに、赤のLEDを点灯にしたいなら、出力値を0から1 に変更してください。

Step 9.また、緑と同じ、赤も5秒間で点灯すると設置します。  ずっと ブロックの中に 一時停止(ミリ秒) ブロックを置いて、ミリ秒数は100から 5000 に変更してください

Step 10.最後は赤のLEDを点滅したから、緑に戻って、完全なループになります。 くりかえし 3 回  ブロックを右クリックしてから、全体を複製します。複製したブロックをずっとブロックの中に置いて、回数3と出力端子P1を4P2 を変更してください。

Step 11. 交通信号完成!このプロジェクトの.hexファイルをダウンロードしてから、MICROBIT にコピーしてください。

完全版のコードはこちらにもあります、参考してください。