Step 0. ウェブブラウザに https://makecode.microbit.org  (①)をアクセスして、micro:bitMakeCodeページへ訪問します。次回のアクセス便利のため、星のマーク(②)をクリックして、ブックマークに添付してください。新しいプロジェクトをクリック(③)してください。

MakeCodeの詳細操作・情報はこちらへ:
MakeCodeとは


Step 1.  ずっと ブロックに もし真なら ブロック(カテゴリー論理)を置いてください。

Step 2.  もし真なら ブロックの判断条件(真)の中に 端子 P0 がタッチされると ブロック(カテゴリー入力)を置いて、ブロックは もし端子P0がタッチされているなら  になります。

Step 3.  ずっと ブロックの中にLED画面に表示 ブロックを置いてから、図のように、 5×5 マトリックスに「←」のアイコンを描いてください。すなわち、P0-青いボタンがタッチされるとmicro:bitの5×5 LED マトリックスに「←」を表示します

Step 4.Step.3の もし…なら ブロックを右クリックしてから複製してください。複製するブロックをずっと ブロックの中に置いて、端子P0を P1 、「←」を「→」  に変更してください。これは、Step.3と同じ、端子P1-赤いボタンがタッチされるとmicro:bitの5×5 LED マトリックスに「→」を表示します:

Step 5.プロジェクトを命名したから、ダウンロードしてください。

Step 6. MICROBIT にコピーしてください。(詳細は前のレッスン1へ)

完全版のコードはこちらにもあります、参考してください。

電源を入れると、P0のボタンが先に押されると「←」と表示、P1のボタンが先に押されると「→」と表示。友達と早押しのゲームをやれます。(ボタンの色は受け取った実物に準ずる)