米国から購入 英国から購入 DEから購入 ITから購入 FRから購入 ESから購入 JPから購入

このレッスンでは、ポテンショメータモジュールを使用してLEDモジュールの光の明るさを制御します。両方のモジュールは、Arduino用のOsoyoo Magic I / Oボードに接続されています。

このレッスンでは、ポテンショメータまたはポットを使用して回路のPWM電流を変更し、それに応じてLEDの輝度が変化するようにします。また、ポットはアナログデバイスであるため、電流の変化はスムーズであり、まばたきの明るさは、明らかな段階的なプロセスを経るのではなく、徐々に大きくなったり小さくなったりします。

では、アナログ値とデジタル値の違いは何ですか?簡単に言えば、デジタルはオン/オフ、高/低電圧を意味し、2つの状態、つまり0または1のいずれかです。ただし、アナログ信号のデータ状態は、たとえば1から1023までの連続範囲です。アナログ信号には、光の強度、湿度、温度などの信号が含まれます。

ここでPWMが意味するのは、アナログ信号のデジタル化です。これは、アナログ信号にアプローチするプロセスです。ポテンショメータはアナログ信号を入力するため、デジタルポートではなく、アナログポート(A0〜A5)に接続する必要があります。


注意:スケッチコードをArduinoにアップロードするときは、バッテリーをオフにするか、電源アダプターを抜いてください。

コードを直接ダウンロードしてからMixlyの[開く]をクリックしてダウンロードするコードを選択します。

コードをダウンロードする

または、次の操作を実行できます。

USBケーブルを使用してArduinoボードをコンピューターに接続します。緑色の電源LED(PWRと表示)が点灯するはずです。

この例では、ポテンショメータを使用してLEDの輝度を変更し、シリアルモニターでポテンショメータのデータを受信して​​その値の変化を確認する方法を見てみましょう。

Inputvalue、OutputValueの2つの整数変数を宣言します。

INPUT VALUE 入力値

OUTPUTVALUE出力値

 

ポテンショメータの値は、アナログピンA0によって変数InputValueに送信されます


次のブロックを設定して「Input:」とInputValueを出力し、次の行に自動的にジャンプします。


次の図のように、[変数]カテゴリをもう一度クリックし、OutputValueブロックを空白の領域にドラッグします。

[数学]カテゴリをクリックし、[数学]カテゴリでマップブロックを見つけます。

0〜1023の値を0〜255の範囲の値に比例して変換し、OutputValueに割り当てます。

次のブロックを設定して、「出力」と出力値を同様に出力します。


In / Outセクションから別のAnalogWriteブロックをドラッグし、ピン9を出力として設定し、1秒間の遅延を追加します。



プログラミングが完了したら、[保存]をクリックします。アップロードする前に、ボードタイプとシリアルポートを選択してください。Unoボードをインストールするには、Arduino / GenuinoUnoを選択するだけです。

次に、コードをアップロードします。アップロードに失敗した場合は、プロンプトに従ってコードを確認して修正します。最後に、ステータスが「アップロード成功!」に変わります。

ご覧のとおり、ポテンショメータはOsoyoo UnoボードのピンA0に接続されており、0Vから5Vまでの電圧を測定できます。対応する戻り値は0から1024です。電圧変化の測定精度は比較的高いです。

アップロードが終了してから数秒後、ポテンショメータのシャフトを回転させると、LEDの輝度が変化するのがわかります。

対応する値の変化を確認したい場合は、シリアルモニターを開くと、ポテンショメータのノブを回すとウィンドウのデータが変化します。