Location: Home » Raspberry Pi プロジェクト » P3 Servo Steering Robot Car


Hot Posts




Posts List

ラズパイ サーボステアリングロボットカーレッスン4:ウェッブカメラ搭載 走行 5[インターフェイスオプション-> P1カメラ->はい-> OK->完了の順で選択設定を行い、PCを再起動いさせてください。 ステップ2:次のコマンドを入力してmjpeg-streamerソフトウェアをダウンロード。 wget http://osoyoo.com/driver/picar/webcam.sh 次に、次のコマンドを入力します。 wget http://osoyoo.com/driver/picar/camstart.sh 最後に次のコマンドを入力します。 bashwebcam.sh 上記のコマンドを実行した後、mjpeg-streamerソフトウェアがラズベリーパイにインストールされます。とても簡単! ステップ3: ラズパイのターミナル入力で下記コマンドを実行すると、mjpeg-streamerサーバーが起動します >”bash camstart.sh” これらのメッセージは、ビデオサーバーがPiのポート8899で実行されていることを意味します。 ステップ4:これで、ブラウザを使用して監視ビデオをテストできます。ここで、http:// your_raspberry_pi_ip:8899(サンプルケースではhttp://192.168.0.34:8899)にアクセスしてください。 ストリームリンクをクリックするか、http:// your_raspberry_pi_ip:8899 /?action = streamに直接アクセスすると、ビデオ監視が表示されます。 ステップ5:新しいターミナルウィンドウを開き、次のコードを実行して、OSOYOOWebカメラ制御のロボットカーソフトウェアをインストールします wget http://osoyoo.com/driver/p3-car/piwebcar.sh 次に、次のコマンドを入力します。 bash piwebcar.sh ステップ6:次のコマンドを入力してフォルダーosoyoowebcarに入ります cd piwebcar ステップ7:次に、次のコマンドを入力してファイルwebcar.pyを編集します nano webcar.py 15行目のIPアドレス192.168.0.34 をラズベリーパイのIPアドレスに置き換え、「Ctrl」+「X」、「Y」の順にクリックしてファイルを保存し、「Enter」をクリックして終了します ステップ8:次に、次のコマンドを入力してファイルtemplates /index.htmlを編集します ...Read the Rest" >ラズパイ サーボステアリングロボットカーレッスン4:ウェッブカメラ搭載 走行

Address:
E-mail:
Tel: