図のように、LEDモジュールとOSOYOO PnPボードのP0を 3-pin PnPケーブルで接続します。
注意:

  1. ジャンパキャンプを使って、VCCを3.3Vを選んでください。
  2. プロジェクトを動作しているとき、OSOYOO PnPボードの ON/OFFスイッチを ON にすることを確報してください。


Step 0. ウェブブラウザに https://makecode.microbit.org (①)をアクセスしてmicro:bitのMakeCodeページへ訪問します。次回のアクセス便利のため、星のマーク(②)をクリックして、ブックマークに添付してください。新しいプロジェクトをクリック(③)してください。


MakeCode
の詳細操作・情報はこちらへ
MakeCodeとは

Step 1. ツールボックスでは「高度のブロック」をクリックして(①)、 力端子 を選んでください(②)。

Step 2.  ずっと ブロックの中に 「デジタルで出力するP0値 0」ブロックを入れ、出力値を に変更してください。(1:出力する、0:出力停止)プロジェクトはずっと、P0に3.3Vの電圧を出力しているから、P0と接続したLEDは点灯します。

Step 3.. このプロジェクトをダウンロードしてhexファイルを  MICROBIT にコピーします。プロジェクトは正常に動く(点灯)かどうか、確認してください。

これだけでは、ちょっと簡単すぎるでしょう、今のプロジェクトの上ちらちら光る星のようにLEDを点滅させましょう。

Step 4. ずっとブロックの中に、 一時停止 (ミリ秒) ブロックを追加します、停止時間「100」を「1000」に変更してください。

Step 5.  デジタル出力端子P0 値 1 ブロックを複製して10 に変更してください。このブロックはLEDを消灯(出力停止)できます。複製しなく、ツールボックスの中で、新しい「デジタル出力端子 P0値 0」ブロックをおいてもいいです。

Step 6.  一時停止(ミリ秒) ブロックも1つ複製して、Step5のブロックの下に組み合わせてください。これも、複製しなく、直接ツールボックスで新しいブロックを置いてもいいです。

Step 7. 複製した2つのブロックをずっとブロックに置いて、プロジェクト完成!LED点灯→点灯一秒→LED消灯消灯一秒→LED点灯……ずっとこのように繰り返しています。

Step 8. あなたのプロジェクトを命名してから、ダウンロードしてください。

Step 9.  MICROBIT にコピーしてください(詳細は前のレッスン1へ)。

完全版のコードはこちらにもあります、参考してください。

電源を入れると、LEDが星のようにちらちら光っています。